ここから本文です

なんのちゃんの第二次世界大戦 (2020)

監督
河合健
  • みたいムービー 19
  • みたログ 15

3.00 / 評価:10件

戦争を知らない監督

  • enj******** さん
  • 2021年5月24日 1時02分
  • 閲覧数 364
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督の舞台挨拶あり・
曰く: いろんな人に戦争の話を聞くと、それぞれ言ってることが違うので、何が本当か解らない。この映画は「解らないまま」戦争を描いた。
・・・って、もう少し掘り下げても良かったんじゃないかな。「平和祈念館」を造る市長とそれにタダ乗りしようとする知事も、余りにステレオタイプ過ぎて白けるし、なによりおばばが命がけで憎んだ背景が良く見えてこない。「戦犯の娘」って罵倒し続けたと思ったら、祖父に話を聞いただけで老人ホームで謝罪するほど反省したり、その程度なの?
いわゆる「平和運動」の胡散臭さと、「日本軍は悪くなかった」論の脆弱ぶりの、「どっちが正しいか今は判らない」カオスを描きたかったのかもしれないが、消化しきれていないようだ。
今風の言葉一言で言い表せるかも。「戦争?意味わかんねぇ」

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ