ここから本文です

コスモボール/COSMOBALL (2020)

VRATAR GALAKTIKI/COSMOBALL

監督
ジャニック・フェイジエフ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 12

2.56 / 評価:9件

映像美とロシアンビューティーだけ

  • fg9******** さん
  • 2021年7月21日 15時17分
  • 閲覧数 105
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。
 レビュー数は未だ4件のみだ。
 ロシア発のSFものなど見向きもされないのだな。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。
 『食料も電力も不足し、疫病が流行する地球で、人々が唯一熱狂できるスポーツは“コスモボール”だった。
 病気の母親の看病で多忙な日々を送っていたアントン(エフゲニー・ロマンツォフ)は、コスモボールには全く興味がなかったが、母親の病気の治療のためにコスモボールの選手になり、ベロ(エフゲニー・ミロノフ)の指導のもと、ナターシャ(ヴィクトリヤ・アガラコヴァ)らと共に練習に励む。』
 荒廃した世界観は感じられないし、「コスモボール」自体の面白みもあまりなく、特に主人公がチャラ男っぽくて人間的な魅力を殆ど感じられんかったな。
 ストーリーもそんじょそこらにゴロゴロ転がっている平凡なものだったな。
 でも、映像はハリウッドに負けないほどの煌びやかさで、女優陣のロシアンビューティーぶりは見飽きなかったので、観て損まではしない程度の2.4点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:4053件、2021年度158作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ