レビュー一覧に戻る
闇の処刑人 ザ・ショットガン

ang********

3.0

ネタバレ甘めで★3て所かな

レビュー2024作品目。WOWOWシネマにて視聴。 アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。 さて、本作品は拙筆が初レビューなので詳しく書くと・・・ アレです。忠臣蔵プラス必殺仕事人。終わり。 ・草食系の黒人イケメン大学教授は幸せ一杯。 ・教授の妻子、マフィアボスの麻薬売買目撃し射殺される ・ボスは逮捕されるが、部下が別の目撃者を殺し、証言者が無くなり釈放 ・教授、「俺が敵討ちするんだ」とボス宅に行き、ボスを殺人未遂 ・刑務所に入り、二年の懲役 そこに、必殺仕事人チームのボス(一応、弁護士)が面会に来る ・教授、刑務所内で弁護士からの差し入れの「武術入門」の本を熟読(笑) ・毎日、腕立て伏せと腹筋をかかさず あら不思議、草食教授はムキムキのスーパーサイヤ人に ・一年服役後に出所した教授、必殺仕事人チームに加入。 ・チームには現役警官、元軍人等武闘派ばかり で、教授も「俺には無理」「でも、妻子の敵討ちはしたい」と悩みつつ ラスボスとの対戦でも結局撃てず、殴り合いに。 で、殴り倒した後、ラスボスが隠し持った銃を必殺仕事人弁護士に向かた所で、ついに主人公の教授、ラスボスを射殺。 そこに正義の女性刑事が登場し 「この目で見たわ、明らかに正当防衛よ」 なんて清々しい。 余りにも「力には力」「暴力には暴力」であり、 スパイ大作戦や必殺仕事人の「頭脳、クールさ」は感じられないモノの、 忠臣蔵の敵討ち、必殺仕事人チームの断罪、肉体改造で超人にと まあ、楽しめない事も無いかな。 甘めですが★3。甘めですよ。

閲覧数641