2021年4月23日公開

SNS-少女たちの10日間-

V SITI

R15+1042021年4月23日公開
SNS-少女たちの10日間-
3.8

/ 186

28%
36%
28%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(52件)


  • nxn********

    5.0

    ネタバレ子をもつ親は見るべき

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    3.0

    「私が12才だったら橋から飛び降りる」

    オーディションで選んだ童顔の成人女性3人が、SNS上で12歳となりすまして友人を募集する、というチェコのドキュメント。10日間で2,458人の様々な世代の男性がアクセスし、撮影されているとは知らずに、自分の性的欲求を押しつけてくる。  冒頭のチェコのデータでは、41%が性的画像を送られたことがあるとのこと。小児性愛とは違う卑劣なキモ男たちを、画面越しに殴ってやりたい、怒。ただ救いとなるところもあり、それに涙することに同情します。教材にしても良いのでは思うが、キツイ内容か。

  • ひーろーかむおん

    4.0

    オマエの存在自体をモザイクしちまえ!

    まん延防止期間中は在宅勤務が多く、観た映画がどんどん増えて未レビューが一杯溜まってしまったので、一口寸評にする。  あらすじは、横着をして、解説の次のとおり。  『2020年。  三つの子供部屋が作られた巨大な撮影スタジオで、10日間におよぶリアリティショーが行われる。  幼い顔立ちの3人の女優が、18歳以上であることを伏せ、12歳の女子という設定、自分からは連絡しない、12歳であることを明確に告げる、誘惑や挑発はしないといった七つのルールのもと、部屋に置かれたPCを使ってSNSで友人を募集する。  彼女たちにコンタクトを取ってきた男性の数は2,458人にも上り、男性たちは全て撮影されているとは知らず性的な欲望をぶつけてくる。』  サスペンスものかと思い観始めたら、児童に対する性的搾取をテーマにしたチェコ発のドキュメンタリーだった。  よくもまぁ、己の欲望を剥き出しにする輩の多いことよ。  ロリコンは、男なら多かれ少なかれその素養があることは否めども、自らの欲望を露悪して、心が熟していない子供たちを虐げる行為は外道と断じるしかない。  被害にあった子供たちは一生PTSDに悩まされるか、人間不信に陥るに相違ない。  このリアリティショーに2,458人もの外道どもが群がったらしいが、目と口以外をモザイクにかけられた輩どものニタニタ顔は、オマエの存在自体をモザイクしちまえ!と罵りたくなるほどに気色悪かった。  そんな悪たれに向けての、ワンコの小便アタックは溜飲が下がったな。  そんな中、ごく普通の青年もコンタクトしてきていたのたが、此奴が滅茶苦茶イイ人に思えたものの、そもそもこのサイトにアクセスしたこと自体に違和感を覚えたことも事実。  本作が作られたチェコでは6割の子どもが親の制限を受けずにインターネットをし、41%がみだらな画像を送り付けられたことがあるという。  この行為は、法律上性的虐待に当たる犯罪だとして、警察が一斉捜査に乗り出したそうだ。  日本のSNS社会も非常に危惧されることであり、非常に見応えありの3.8点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数162件目)

  • アイ

    4.0

    うーんよく判らない気持ち悪さ

    所々演出というか俳優の仕込みを感じる場面もあるけど、そういうものだろうと思って見てたので、まあ許容範囲 選ばれた女優の体当たりに、セットをしっかり作り上げて編集も良かったのが救いで、そういうの(少女)が好きな男達の気持ち悪さを見たい人は是非見てほしい 唯一癒されたのは、急に出てきたワンチャンがキモイおっさんの服をにおった後に足を上げてマーキングしてた所 めっちゃ笑っちゃった

  • duk********

    4.0

    アングラな世界を覗いた…

    内容が内容だけに見る前に映画紹介をみてからの鑑賞を勧めます。 人間として腐っている人、犯罪者予備軍が少女たちに群がる様子は戦慄さえ覚える。アンダーグラウンドを覗いた感じになるドキュメンタリーです。 内容は準備から餌まきにはじまって…音楽も合わさって抑揚をつけて最後まで見られました。 一部にはこの手の人がいることを前提に生きていくしかない、無くならないんだなと思いました。考えさせられます。 それにしても若い女優の人達、よく頑張りました。

  • 小さき僕

    3.0

    事実は映画より奇

    皆さまのご意見、皆ごもっとも でも、実際こうなんだろうねー 男女共にいるんでしょうし、気づいてないのが多いし、理性で抑えてるけど、人間、多かれ少なかれ、異常性は持ってるのでは?

  • rst********

    5.0

    ネタバレエグい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bel********

    3.0

    気持ち悪い

    普段ドキュメンタリーは観ません。 なのに何故かしら鑑賞。 気の迷いというのは怖いね。 予想通り観賞後のどんより感な。 やめとけばよかった、と激しく後悔。 中年の男どもが少女に群がる様は 「気持ち悪い」の一言に尽きる。 日本のローティーンアイドルを愛好する ヲタクどもより気持ち悪いと思った。 海外にも猛者はいるんだね。 私には出演している少女たちがとても 12歳に見えなかったけど。 ムラムラした中年野郎は騙されるのか。 勃起チ◯コに血をとられすぎて、 脳に血がまわってないんだね。

  • あき

    3.0

    うわぁ…

    予想通りとはいえ、あまりにもエグい男性諸氏からの少女へのアプローチ。12歳って性的な目覚めがある頃だけど、考え方は子どもだし世間知らずですよ。そこにつけ込んで手込めにしたいと狙ってるとしか思えません。ネットだけの付き合いなんてイヤになったらやめられる、逃げ切れると思ってるんでしょうか。警察は囮捜査でどんどん捕まえてほしい。

  • mnk********

    3.0

    チェコ、オジちゃんもオバちゃんもコワイ!

    おデブのオッチャンが裸になるのもホラーだが、 おばちゃんが女のコに3P誘う話をするのも 十分恐ろしい。 変態と一言で言ってしまえばそれまでだが、犬とエッチする女性や12歳の女のコに性虐待を提案する女性に対して、製作者側の女性達が一言のコメントさえ無いのは、なぜ?。 男性の変態は認められず女性達の変態には寛大なのか、恐れから何も言えないのか。 女性達は同性の変態性は許せる認められるから?その部分がない。 これはチェコの国の問題を超えて、人の問題。 もちろん歪んだ価値観の男、だけではない。 女性も含めて、かなり人間は厄介なところまで来ている。 それが弱者である子供に被害を及ぼしている、 事情である。 男性の顔を気味の悪い映像処理をしている。 違和感 というより滑稽さもあるが、割と顔がわかり易く、 これ、本当にドキュメントならば、男性の方々は 個人情報ダダ漏れですね。 このドキュメンタリーは個人情報流出と悪用という、 法を犯してでも撮りたかったのですね。 その意味は認めます。 警告。 として観ましたが、まだまだ序の口でしょう?

  • spu********

    3.0

    僕らの文明社会はどうあるべきなのだろうか

    まず最後の演出は正直意味が分からなかったw スタッフ演者皆で男のとこにつめかけて集団で責め立てるとかw もう少し映画製作としてやり方があったんじゃないかと思いますね。 そして未成年に対する性犯罪の問題。 これはもうSNSうんぬん関係なく社会問題としてしっかり向き合う必要がありますね。 あくまで本作はSNS上で起きているそれらの事象を取り上げたという事なので SNS上での事に限れば自衛が一番現実的な防御策なんじゃないでしょうか。 悪と言うのはどこにおいても手ぐすね引いているわけで。 本当はそういった倒錯的な性的嗜好を徹底して社会的に排除するという事が必要なんだと思いますが、この点はもう簡単に語れる問題じゃないと思ったので感想はこれくらいで。

  • mar********

    5.0

    ネタバレ身近に感じる恐怖

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • koh********

    5.0

    なんという企画を思いついたのだろう・・・

    図らずも出演させられてしまったヤロウども に唖然とするのは当然なんだけど、 この映画のスタッフも・・・よくもまあこんなすごいドキュメンタリーを考え付いたもんだ、すごいわ。 それだけ、あちらの国では 児童ポルノ&児童虐待が深刻なのか。 追記。 2021/7/11 小山シネマロブレ にて鑑賞(冒頭10数分観逃し) 2021/8/22 深谷シネマ にて鑑賞。

  • mid********

    4.0

    ネタバレ問題点はあるものの観るに値すると思った

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • TO-KU

    4.0

    ネタバレおじさんの映画日記 SNS-少女たちの10日間-

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yrh********

    4.0

    キツいが人ごとではない児童虐待の現実

    SNSで少女たちに接触してくる大人の男たち。今この瞬間も世界中で(もちろん日本でも)行われているであろう児童虐待を告発するドキュメンタリー。 幼顔の女優さんたちが12歳の少女になりきって男たちとチャットする。彼女たちの多くは、子供の頃に被害の経験があると言う。驚くには当たらない。私の子供時代インターネットはまだなかったが、それでも露出狂や痴漢は子供達の周囲に出没した。多くの女性たちは大人になる前に多かれ少なかれ性的被害に会ってしまう。少女より頻度は少ないとしても、男の子の被害ももちろんある。 一種の囮捜査みたいなもんだが、もうびっくりするほど釣れる釣れる。私が驚いたのは、男たちが下心を隠すふりすらせずいきなり本題に入ること。「学校で何が流行っているの?」的なイントロくらいあるのかと思ったら、ほとんどの人がいきなり「脱いで」「僕のを見る?」「会わない?」と畳み掛けてくる。呆れるより先にうすら怖い。彼らが一部の異常者と言い切れないところが怖い。多分、普通に仕事をし、普通に結婚している人もいる。普通の人たちなのだ。 社会問題に切り込んだいい映画だと思うけれど、誰にでもおすすめはできない。モザイクがかかるもののうんざりするほど局部の映像が出てくるし、少女役の女優たちに対するセクハラの嵐を目の当たりにしなくてはいけない。めちゃくちゃ気分が悪い。観客でもかなりメンタルが削られるのに女優さんたちは大丈夫だったのだろうか。心からねぎらいたい。 途中で1人、奇跡的にまともな若者が現れる。大学生だという彼に性的な目的は一切なく、ただ女の子と優しく会話をする。そこで彼の顔にかかるモザイクが静かに晴れていく様は感動的なのだけれど、彼はただ普通のことを喋っているだけであって、他の輩が酷すぎるから凄くいい人に見えるだけだ。だいたい彼にしたところで、成人男性が未成年の見知らぬ少女に接触してくる時点で褒められたものではない。。というかかなりアウトだと思う。 専門家曰く、彼らは小児性愛者ではない。一部の異常者だと切り捨てることができないのがとても薄気味悪い。数が多すぎるのだ。日本含め、どこの国でも似たようなことが予想される。「自分はそんなことしない」とか「うちの子は大丈夫」とかそういう次元のことではなく、自分ごととして考えるべき問題だと思った。特に大勢のまともな男性にとっては不愉快でキツいことだろうが。。

  • yut********

    1.0

    ネタバレ演出に満ち溢れた、完全な男性差別映像

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rmo********

    2.0

    ネタバレ告発映画というよりは釣り

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • qhb********

    5.0

    親も子供もみんなみたほうがいい

    国が違えど、変質者というものは根本的には変わらないというのがこの映画ではわかる。変質者があの手この手で12歳と性行為をしたい己の欲求のみを実現するために、女の子たちに近寄ってくる。 日本でも、未成年者がSNSを通じて、危険な目にあっているのは報道でもよく目にするが、学校の教育教材としてSNSの危険な面を教えるという観点から、非常にいいと思う。 ちなみにスカイプの音がもう頭から離れない。

  • ドクター眠眠

    4.0

    ほとんどホラー

    劇中の着信音が、内容と違い、明るすぎて笑った。希望に満ちたメロディーだもの。内容は、見ているのが疲れるくらい、グロテスク。ドッキリのような内容だけど、ミッション・インポスブルのローグ・ネイションに出てきた病院が実はセットだったのような、リアルな子供部屋のトラップに、ペドヘェリアおっさんがホイホイひっかかるのは面白いが、おじさん達のやることがグロくて、嫌になる。優れた企画のドキュメンタリーだが、途中出てくる良識あるお兄さんとか、喫茶店トラップで、女優が飲み物を顔に浴びせるシーンとかが、台本のある仕込みにも見えるので、星5にはできない。TVではできないレベル。必見のドキュメンタリー映画。怖えー。

1 ページ/3 ページ中