ここから本文です

上映中

アオラレ (2020)

UNHINGED

監督
デリック・ボルテ
  • みたいムービー 145
  • みたログ 374

3.56 / 評価:310件

怒りのクラクションで逃げるのクロウした話

  • sou******** さん
  • 2021年6月11日 0時13分
  • 閲覧数 277
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

こうなると、評価は難しい(笑)。

(笑)なんて書いちゃうが、笑えないくらい太ったのか、役作りなのか…。ラッセル苦労したのだろうなぁ…的な。

さて、くだらない冗談はさておき、衝撃の動画集からスタートする映画だ。

コレ、実際の出来事?と驚くアオリ運転の数々で映画は始まる。
日本のアオリ運転の被害になった方々にも心を痛めるのだが…アメリカは日本の事件の数倍無茶苦茶ですなぁ!
この映画のトレーラーに馬鹿じゃない?なんて思っていたら、あぁぁ、日常であり得る話なの!?って感じ。
そういえば、ハリウッドの逃走劇みたいなカーチェイスは、時々太平洋を渡って流れてくるよなぁ…。アメリカ怖っ!

トレーラーの派手さに呆れつつも、観たいと思わせるのがラッセル・クロウの豹変っぷりなわけで…。トレーラーに釣られて、まんまと劇場鑑賞。そして、やっぱりヤバい役だった!

ただし、ヤバいのはラッセル・クロウだけの話ではなく、格差社会、貧困、分断、ストレス社会、そこを強制的に肯定させてしまう道具スマートフォンの機能の数々を描いていると勝手に思わせる内容。お国の事情に拍車をかけてるのがスマホでしょ。

国を問わず、アオラレる道具に縛られて僕らは生きているが…そのくせ手放せない状況。もう、生きてるだけでも面倒だらけの現代だ。

僕は思ったね。スマホの悪魔が、ストレスを武器に車に乗って現れたのだと…。
まぁ、勝手な解釈だけどさ。
GPS追跡のために携帯片手のながら運転で、アオってアオってアオリまくり。道交法無用の悪魔、恐るべし。

スピルバーグの「激突!」みたいなもんか?姿現れるバージョンの?姿が出ないから「激突!」は怖いんだよ…と思っていたが、粘着気質のパワフルぽっちゃり…目つきのヤバさとイッテる感も怖かった。ラッセル・クロウのグッジョブだ。
カースタントも良かったよ!
車内のごちゃごちゃカメラとカットは…面倒くさそう。おっさんには疲れるけど、良いんじゃない?

ところで、物語の終わり方はどうなのさ。
ここは疑問がある。
嵐のような男が消えたとは言うものの、街も関係者も被害甚大だったわけで…。自分たちだけが助かったからとハッピーエンドで良いのだろうか?脚本的には…微妙な気がする。まぁ、この手のノーテンキなエンディングがアメリカエンタメ映画っぽい部分ではあるけどさ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ