レビュー一覧に戻る
アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン
上映中

アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン

AMAZING GRACE

912021年5月28日公開

hwc********

4.0

是非ともスクリーンで

72年の教会でのライブを収録した、アレサの名盤ライブアルバム「アメイジング・グレイス」。 その二夜に渡る歴史的ライブを収録したドキュメンタリー。 映像と音がずれるという致命的な問題でお蔵入りとなっており、49年の時を経てついに公開される事になった作品です。 監督は「ひとりぼっちの青春」のシドニー・ポラックで、名指しだったみたいですね。 この公開にはソウル・R&B・ロックファン等には「マジか!」となるような出来事で、例えばストーンズの「ロックンロールサーカス」にも同様な衝撃がありました。 始まるとすぐその空気に引き込まれ、目の前にいるかのような存在感。 とにかく圧巻のパフォーマンスなんです。 作品はカテゴリー的にドキュメンタリーですが、完全にライブ映像でひたすら彼女の声に魅了されます。 箱の大きさもあるのでしょうが、本当瞬く間に会場が一体化するんですね。 その様は観ていて、自分もそこにいるような高揚があります。 二日目にはストーンズのミックとチャーリーの姿も見え、個人的に嬉しい限り。ちょうどアルバム「ならず者」のトラックダウンでロスに滞在しててこちらに来たらしいです。 「高き山に登らん」では最後列にいたミックが(目一杯ズームしてるけど当時のカメラではかなり荒い)すっごい手拍子初めてて、そのズームが引く頃には会場全部手拍子になっててびっくり。さすがミック、場を作るのが上手いって感じでした。(そんなミックですが、後半はしれっと前方の席に移動してたりしますw) 最後にはコーラスもオーディエンスも皆総立ちでスィングしてて、その様は伝説の瞬間を目の当たりにしているかのよう。 鳥肌が立つとは正にこの事でしょう。 この奇跡のようなライブ、是非ともスクリーンで観ることをお勧めします。 アレサのパフォーマンス、本当に素晴らしかったです。

閲覧数838