2021年5月15日公開

デッドロック

DEADLOCK

852021年5月15日公開
デッドロック
3.2

/ 17

18%
24%
24%
29%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

荒野で行き倒れになっていたところを、廃鉱山デッドロックの監督官ダム(マリオ・アドルフ)に発見されたキッド(マルクヴァルト・ボーム)。元娼婦(しょうふ)のコリンナ(ベティ・シーガル)、その娘らしき口の利けない少女ジェシー(マーシャ・ラベン)が暮らす砂漠の村で、彼は体を休めていた。そこへキッドの仲間だった殺し屋のサンシャイン(アンソニー・ドーソン)が現れ、ダムがキッドから奪った金を強奪する。サンシャインはそこから逃げようとするが、キッドとジェシーがわなを仕込んでいた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(4件)

かっこいい20.0%不気味20.0%不思議20.0%セクシー10.0%パニック10.0%

  • 一人旅

    4.0

    最後に笑うのは誰だ

    ローラント・クリック監督作。 ニュージャーマンシネマの異端児、西ドイツ出身のローラント・クリック監督の長編第二作で、荒野のど真ん中で大金を巡り争う男たちの末路を描いたバイオレンスアクションです。 閉鎖された鉱山デッドロックの監督官である粗暴な男は、札束の入ったスーツケースを持って行き倒れている青年を偶然見つけ助けるが、欲に目が眩んだ男は青年から大金を奪おうとする、とそこへ青年の仲間である残忍な殺し屋が到着したことから、3人の男は大金を巡って水面下の駆け引きと血で血を洗う戦いを繰り広げていく―というバイオレンスアクションとなっています。 騙し騙されの応酬から一瞬の油断が死に直結する緊迫の対決へと雪崩れ込んでいく男たちの運命を殺伐と眺めた作風が異彩を放っていますし、日本人のダモ鈴木がボーカルを務める西ドイツのロックバンド:CANによる特徴的な音楽が不思議な空気感覚を生み出しています。 第四次中東戦争勃発直前の中東ネゲヴ砂漠で撮影された、陽光が肌を突き刺す灼熱の荒野の風景をバックに大金を巡る男3人の攻防を元娼婦の狂った女とその一人娘を巻き込みつつ弛まぬ緊張の中に活写したカルトアクション。『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(66)の現代版であります。

  • nn1********

    4.0

    一口寸評

    カッコいいチラシとキャッチコピー、それと予告編に騙された。 時代性や即物的な映像に価値はあるけれど、所詮ニュー・ジャーマンシネマの端くれ。 スピルバーグはともかく、ホドロフスキー(同年製作の『エル・トポ』は、87年に日本公開、キネ旬79位)や、タランティーノが絶賛する気持ちはわかる。 砂漠、ピーカン、廃村といった憎いロケーション、埃まみれのトラックやボロ車の意匠は悪くないし、ハッとさせるいいショットもある。 ただ、大金に群がる人間の欲望ドラマとしては、脚本が甘くカルトにもなり切れていないB級映画。 自分が気に入ったショットを中心に、あとは適当に話をつなげた感じ、とでもいえばいいか。 ラストの対決シーンの映像処理も解せぬ。 ジュークボックスで時折針が飛ぶ、CANの音楽だけが時代を超えて耳に届いたのである。 (この映画に触発され、「CAN BOX」1~4(3枚組×4、計12枚)を一気に聴いた。痺れた。) ハリウッドやマカロニ・ウェスタンからの監督依頼を断り、国内でジャンキー映画ばかり撮っていた監督の存在自体が、実はカルトだったのだ。 評価は3.5★。

  • yos********

    3.0

    ストーリーは凡庸

    ヒリヒリした音楽、ボロボロながらも高いセンスを感じさせるファッション、役者の存在感、世紀末のような荒廃感、独特の演出、全て格好いい。 反面、ストーリーは凡庸で冗長。 半分の尺でも十分表現出来る内容。 ストーリー以外の点に重きを置いて評価するタイプの人にならお勧め。

  • c********

    4.0

    カルト映画ファン必見

    本当の戦場(中東戦争)で撮影された映像が独特の緊張感を生んでいます。 公式の宣伝にもありますが、マッドマックスの殺伐さとボドロフスキー作品の狂気を足したような作品です。黒澤作品の美学のようなものも少し感じます。 ストーリーはシンプルながら、すべてのシーン、カットが絵画のように美しく、観客の目を飽きさせません。 そして音楽。CANのあの脳に絡みつくようなサウンドが単なるBGMではなく独特な効果を生んでいます。 変わった映画がお好きな方、ガツンと来る作品です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
デッドロック

原題
DEADLOCK

上映時間

製作国
西ドイツ

製作年度

公開日