レビュー一覧に戻る
デッドロック
2021年5月15日公開

デッドロック

DEADLOCK

852021年5月15日公開

一人旅

4.0

最後に笑うのは誰だ

ローラント・クリック監督作。 ニュージャーマンシネマの異端児、西ドイツ出身のローラント・クリック監督の長編第二作で、荒野のど真ん中で大金を巡り争う男たちの末路を描いたバイオレンスアクションです。 閉鎖された鉱山デッドロックの監督官である粗暴な男は、札束の入ったスーツケースを持って行き倒れている青年を偶然見つけ助けるが、欲に目が眩んだ男は青年から大金を奪おうとする、とそこへ青年の仲間である残忍な殺し屋が到着したことから、3人の男は大金を巡って水面下の駆け引きと血で血を洗う戦いを繰り広げていく―というバイオレンスアクションとなっています。 騙し騙されの応酬から一瞬の油断が死に直結する緊迫の対決へと雪崩れ込んでいく男たちの運命を殺伐と眺めた作風が異彩を放っていますし、日本人のダモ鈴木がボーカルを務める西ドイツのロックバンド:CANによる特徴的な音楽が不思議な空気感覚を生み出しています。 第四次中東戦争勃発直前の中東ネゲヴ砂漠で撮影された、陽光が肌を突き刺す灼熱の荒野の風景をバックに大金を巡る男3人の攻防を元娼婦の狂った女とその一人娘を巻き込みつつ弛まぬ緊張の中に活写したカルトアクション。『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(66)の現代版であります。

閲覧数41