レビュー一覧に戻る
ドリームランド
2021年4月9日公開

ドリームランド

DREAMLAND

PG121012021年4月9日公開

nn1********

4.0

一口寸評

本作の鑑賞動機は、ただただマーゴット・ロビーを見たかったから。 今では、(ちょっととうが立ってきたが)シャーリーズ・セロンに次ぐ、海外のご贔屓女優。なによりも華がある。 『スーサイド・スクワット』(16)のハーレイ・クイン役が有名だが、フィギュアスケートのトーニャ・ハーディング役(17)や、殺されたシャロン・テート役(19 例のタランティーノ作品)、はたまたOL役や女王様役などなど、役柄の幅は広い。 今作では、ボニー&クライドばりの銀行強盗アリソンを演じる。 1935年のテキサス、強盗後の銃撃戦により相棒は死に、傷つき隠れていた納屋でアリソンは、その家の息子ユ-ジン(フィン・コール)17歳に見つかる。 彼女の首には、賞金1万ドルが掛けられていた。 ユージンを女の魅力で手なずけながら、二人で逃避行するアリソンだったが…。 シャワー室のシーンなど、随所に映像的な工夫は凝らされているものの、デ・ジャヴ感のあるストーリーが今一つ。 それでも、マーゴット姉ちゃんの色香に半★追加し、4★で手を打とう。

閲覧数1,347