ここから本文です

上映中

CUBE 一度入ったら、最後 (2021)

監督
清水康彦
  • みたいムービー 256
  • みたログ 641

2.52 / 評価:549件

賛成派からのおすすめ

  • dqa******** さん
  • 2021年10月23日 18時02分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

海外版は未鑑賞。

想像以上、期待以上の出来だったと個人的には思う。
なかなか容赦ないホラー描写も多く、手に汗握りながら楽しめた。
海外版が有名な作品なので賛否があるのは当たり前。気になる方は是非見てほしい。
(観終わった方は是非、登場人物6人のTwitterアカウントがありますのでそれも合わせてみると面白いです。)

以下、作品について少々詳しく。

日本版として注目したいのは役者の演技とストーリーにおける人間ドラマ。
まず役者の演技から言うと、予想通り素晴らしい。中学生役の田代くんも素敵だった。そして何より語らないわけにはいかないのが岡田将生。徐々に変貌していく彼の笑顔がたまらなく、終盤は岡田将生劇場が開幕。見るものを一気に引き込む。

そして、ストーリーにおける人間ドラマ。
ここは個人的にかなり好き。ポイントは「人間」という生き物そのもの。誰しも何かを抱えていて、それが自分を苦しめたり生きづらくさせたりする。この作品は、そんな閉塞感ある「CUBE」の中での「人間」が描かれ、そこでの行動が問われる。もちろん、怒り、苦しみ、時に醜い姿さえ晒す彼らがそこにはいるのだが。
あまり詳しくは言えないが、そんな「人間」である彼らの行動に注目してほしい。
絶望とそのなかの光を映し出す「CUBE 一度入ったら、最後」。
観終わった後、きっと何か感じるものがあるはず。

原作ファンの方からの厳しい評価もありますが、それだけで決めるのにはもったいない作品だと思います。特に原作未鑑賞の方は是非!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ