レビュー一覧に戻る
七つの大罪クラブ 生贄になった少女たち

mr_********

3.0

美少女は出ません!(笑)

神学校みたいな厳格な高校で起きる連続殺人事件。 たぶんつまらないよな、と誰でも?思うが、つい邦題につられてしまった(笑) 生贄なんかになっていませんから! コロナ禍で外出もままならず、レンタルでヒマつぶし。 美少女がいっぱい出るホラーもいいかもと、よこしまな気持ちで選んだ1本!(笑) 主人公は父親が厳格な聖職者の娘のグレース(ケイトリン・バーナード)。 他の生徒から一目置かれる、7人組のリーダー格だ。 現題でもあるTHE SINNERS(罪人たち)と陰で呼ばれている。 ある日、7人組の中では真面目なオーブリーをやり玉にあげたことから起きる殺人事件。 期待はずれだったのは、美少女がいないこと!w 主人公のグレースは美人だが大人っぽい。 他に注目株、いました? 一見、オバさんみたいなのもチラホラw ま、欧米人は少女からすぐ大人になりますからね。 グレースを演じたケイトリン・バーナードは日本では初見に近いけど、アメリカでは映画、テレビと数多く出演している女優。 これから日本でも有名になっていくと思います。 映画はつまらないので期待しないで観てくださいw エンドロールで流れた曲は良かったな。

閲覧数906