レビュー一覧に戻る
インモータル 不死身の男

ムービークリニック

2.0

ほし ふたつ

ウラジミール・エフィファントセフ主演のアクションサスペンス。ベラルーシ作品。 主役はアクション俳優として活躍しているようですが、データが見つからず日本では謎の映画俳優のよう。 最近ロシア系のアクション映画ってよく見かけるようになって、レンタルでもチョイスしているがそれほどときめく作品が少ない。前に観た戦車アクションの「T34」は抜群でしたが。 シャツを脱いだ姿は細マッチョながらバキバキの筋肉で鍛えているのはよくわかる。 ただ作品では、トラックの荷台の上を走ったりするくらいで飛び抜けたアクションシーンがないのが残念。海外でのミッションで罠に嵌められ、命からがら助けもあって逃げてきたが、記憶喪失。という設定にてあまり動けない。 こういう物語というのもあって、主人公の魅力を引き出す内容にはなってない。 だがスーパーアクションリベンジムービーの期待がポスターからも大きいが、あまりアクションはない。しかしサスペンス要素はとてもよくできている。 ミッションの罠、罠に嵌めた犯人、記憶喪失の傭兵の主人公、ミッションの内容を探る秘密機関、妻に近づく人物、テロ組織の電磁爆弾。 記憶を戻しながら謎を追う。 この設定はいい物語なんだが、主人公は地味な活躍。結局主人公の所属組織による解決。 やはり007並のヒロインとスーパーアクションが必要か。第一に敵の魅力って大事なんだよね。

閲覧数353