ここから本文です

インモータル 不死身の男 (2019)

BLACK DOG

監督
アレクサンドル・フランスクヴィッチ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 9

2.13 / 評価:8件

ベラルーシ制作映画、産まれて初めて見たよ

  • tokyo_sy*** さん
  • 2021年9月17日 3時09分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1970作品目。WOWOWシネマにて視聴。

アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。

「不死身の男」なんて邦題付けているから、ハリウッド映画でロボコップか、はたまたマーベル作品系かと思ったら。

なんと、ベラルーシ制作の映画。

いや最近までは「ベラルーシと言う国名、聞いた事ある」程度だったのが。
あのヨーロッパ唯一残った「超俺様な独裁国家、ルカシェンコ大統領」のニュースで脚光を浴びた?国。

調べてみたら、ルカシェンコ大統領は独裁27年目に突入。

そう。自分を批判した記者を捕まえる為に、民間機を「ハイジャックだ」と言い張って戦闘機で強制着陸させた、あのニュース。
反体制の人物はどんどん逮捕され、懲役刑でばんばん刑務所送りにされて10年以上出て来られないから、議員は全員全席与党な国家。

そんな国の制作の映画ですよ。

だからか。敵の組織がぬるい。
敵の人間をビッタビタに殺しまくるのは、むしろ主人公サイド。
「敵の組織」の人間は、銃を構えて脅すだけ。
それを非常にも撃ち殺しまくるのは、正義の組織(笑)

大統領への忖度が見てとれます。

ストーリーは単純明快

・主人公は事故で記憶を失った凄腕暗殺エージェント
・妻子がいるが、夫が死亡したと思って再婚してた
・そんなこんなで記憶が戻りつつ

で、あれやこれや有りので。

・主人公を嵌めた悪の組織が迫ってくるぞ
・妻の再婚相手は、自分の命が危なかったから娘を敵に渡したぞ
・主人公はするりするりと回避、闘い、正義の組織と共に勝利だ

ああ、なんて王道

・妻子と公園を散歩する主人公
・正義の組織がスカウトに来たけど、断る。俺は平穏な生活ラブだ
・「どうせ平和に飽きて戻ってくるわよ」でEND

ま、あれです。特色無いわあ。新鮮味も無い。

でも、なかなか頑張って作っている感。
女性陣は美人だし。基本はロシア語なのに、たまに英語がまじるし。
中近東の組織が、全員口ひげ顎ひげターバンで1000%区別付かないし。
奥さん役の金髪美人は「髪は染めている」せいか、根本の黒髪が伸びたり消えたりするのも楽しいし。

暖かい目で見れますよ。

★2.4て所です。四捨五入で★2

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ