2021年8月27日公開

鳩の撃退法

1192021年8月27日公開
鳩の撃退法
3.3

/ 1,097

13%
30%
36%
13%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

直木賞受賞経験のある作家・津田伸一(藤原竜也)は、担当編集者の鳥飼なほみ(土屋太鳳)に執筆途中の新作小説を読ませていた。津田の体験を基にしたという新作に魅了される鳥飼だったが、大量の偽札や一家失踪事件、裏社会のドンといった話を聞くうちに、それが小説の中だけの話とは思えず困惑する。鳥飼は津田の話を頼りに、その新作が本当にフィクションなのか検証していく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(234件)

不思議15.8%知的12.9%切ない8.2%不気味7.6%楽しい6.9%

  • くろねこ

    3.0

    藤原竜也カラー

    映画館だけで1回だけ観ると???てなるかもしれない。 アマプラで、何回も戻って整理しながら観ました。伏線回収が来てやっと面白かったなーて感想になる。 「藤原竜也」を前面に押し出しててよい

  • cherry

    3.0

    ちょっと難しい

    流れを理解出来れば点と点がつながり面白く見ることが出来そうだが、少し難しかった。

  • mmi********

    5.0

    ネタバレ昭和なユージュアルサスペクツ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    3.0

    虚実混沌

    富山のある町で津田が出会った男の一家が失踪、また彼は偽札事件にも巻き込まれる。かつて直木賞受賞した津田は、そういう内容の執筆途中の小説を編集者鳥飼に読ませていた。鳥飼は以前のこともあり、どこまでフィクションなのか不安に思い。  原作は読んでません。話は入り組んでいて映像化不可能といわれたようですが、思ったよりわかりやすいです。そうすると、自分が原作を読んだらついていけないかも。原作を読んでいる人には、映画は簡単にし過ぎているのか。

  • kit

    3.0

    話が

    あっちこっちいって ボンヤリ観てると訳が分からなくなる。 ブツの行方がアクロバティックに移動する以外は 単純な話なんだが、それに狂言まわし的な主人公を絡める事で複雑な展開に無理矢理した作品。 キャッチーなタイトルには あまり重要な意味はないのは残念だが テクニカルなストーリーは興味深く観れた。 綺麗なラストで、一応のハッピーエンドになっているが、満足感が小さいのは 時間軸をあちこち動かす展開が個人的には小賢しくて好きじゃないのと、テクニカル過ぎる割には単純なストーリーのせいか

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
鳩の撃退法

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日