レビュー一覧に戻る
鳩の撃退法
2021年8月27日公開

鳩の撃退法

1192021年8月27日公開

takaさん

4.0

秀吉の存在が泣ける。愛すべき男

ネトフリで配信されたので早速視聴しました。 売れてる作家がなぜバーテン?風俗ドライバー?序盤は意味不明な展開が続いて、これは大丈夫か?って思ってみていたら展開が進むにつれて登場人物との絡みや伏線回収といったことまで綺麗に出来上がってる作品でした。 とにかく登場人物が皆何かしらの闇を抱えてる演出で進んでいき、後半はその伏線回収なのが起承転結というより転結起承転結といったすげー言いにくいけど、新しいサスペンス映画の感覚に囚われました。 芥川賞受賞作家で問題となり出版社を干された津田。 バーテンを経営し家族との関係は崩壊気味の秀吉。 裏社会を牛耳る男、倉田。 津田の出版を後押しする編集者、鳥飼。 特に秀吉の存在がこの映画のカギを握ります。 秀吉役の風間さんは難しい所だと思いました。 実社会でも「板挟み」「裏切り」「平穏」といったなかなかとるにとれない状況があったりします。物事を丸く納めるのって難しいんだけど、「妥協」をすればいいじゃないって思っていてもなかなか難しい。 秀吉の存在がまさにそんな感じでした。 多分この映画で一番共感できるのは秀吉です。

閲覧数5,729