レビュー一覧に戻る
茜色に焼かれる
2021年5月21日公開

茜色に焼かれる

R15+1442021年5月21日公開

mis********

4.0

最後の終わりだけ

コロナ禍の空気感をしっかり描写しながら、世の中の弱者と呼ばれる層の人間像をとてもリアルに描かれていました。全体的なトーンは行き場のない多難に覆われていますが、尾野真千子さんの持つパワー、魅力がこの映画観を作り出しています。それ故に最後の表現もありなのだと思いますが、それまでの描写との対比と言うか、性質が異質過ぎる所が、良くも悪くも…という印象です。 でも、この時期だからこそ映画館で観るべき作品である事は間違いないです!

閲覧数771