2021年5月14日公開

しあわせのマスカット

932021年5月14日公開
しあわせのマスカット
3.5

/ 32

22%
34%
25%
9%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

北海道から修学旅行で岡山を訪れた女子高生・相馬春奈(福本莉子)は、ひょんなことから高級ぶどうのマスカット・オブ・アレキサンドリアを使った和菓子に出合う。やがて自分を魅了した和菓子の製造会社に就職する春奈だったが、研修では何をやっても失敗ばかりしてしまい、困った会社は、気難しいと評判のぶどう農家・秋吉伸介(竹中直人)のもとに春奈を配属。当初は相手にされなかったものの、春奈は少しずつ伸介と心を通わせていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(8件)

かわいい26.7%泣ける20.0%笑える20.0%楽しい20.0%ロマンチック6.7%

  • our********

    2.0

    乗れず

    このジャンルの映画は大好きなんです。 岡山が舞台だと、「ハルカの陶」とか「桃とキジ」とか「夢のつぎ木」とか。 ただ本作は映画に入り込めませんでした。ヒロインは笑顔だけだし(東宝シンデレラは重いんでは)、竹中さんもいつものパターンというか、安定してますが新鮮味ないなぁ。 一番気になったのは、あの和菓子屋出しすぎでしょ。

  • to1********

    3.0

    東宝シンデレラこれでいいのか

    岡山県ご当地映画 定期的にこの種の映画は作られており、かつては有楽町スバル座でよくやってました 明確な悪役は出てこず、誰もが信じられないくらいいい人 主人公がいくつかの苦難を乗り越えながら成長していく 地元企業の全面協力 まさにテンプレ映画 本作は厳しく言うと竹中直人の存在感におんぶにだっこ 主人公であるはずの彼女は表情・台詞回しがワンパターンで正直主演は厳しいと言わざるを得ない 天下の東宝の後押しが全くない現況は気の毒にさえ思いますが、このまま笑顔だけが取り柄だと先行きはどうなんでしょう 演出的にも、冒頭の漫画的なズッコケシーン、余りの稚拙さに思わずイスからずり落ちそうになりました ご当地映画、お金を出してくれる会社がある限り今後も作られるんでしょうが、最近は役所の作るPR動画もレベルが上がってきています 興行的に客を2時間楽しませるすべをもう少し考えてほしいです

  • とらじろう

    4.0

    とてもわかりやすくて良かった!

    辛口の評価が多かったので、あまり期待していなかったのですが、単純な私にはわかりやすくて良かったです。いくつか感動する場面もありました。 ドジな場面が続いて、イヤミを言われても気にならない姿は、人の言葉を気にし過ぎる自分にとって新鮮でした。 主演の福本莉子さんはあまり知らないのですが、やはり演技力に光るものがあるなあ〜と感じました。気持ちよく映画を見終えることが出来ました(^^)

  • イジア

    4.0

    続きが見たい作品です!

    浜辺美波さんのキミスイを思い出しました。さすが東宝シンデレラガールの福本莉子さん。ピュアな演技が素晴らしいです。作品としては、この3年後が気になります。協賛が1社の和菓子メーカーですから低予算だと思いますがとても良い作品ですね。

  • uss********

    3.0

    良い作品ですが...

    岡山県を舞台にした映画で、備前焼を題材にした前作よりは良かったです。 ただ、このような題材の映画は、わざわざ映画化しなくても2時間程度の前後編のTVドラマでも良かったのではと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
しあわせのマスカット

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル