レビュー一覧に戻る
彼女が好きなものは
2021年12月3日公開

彼女が好きなものは

PG121212021年12月3日公開

ryo********

5.0

全登場人物を好きになる優しい世界。

BL大好き腐女子がリアルで好きになった相手はゲイだった。 偏見も、理解できないこともあって当たり前だし、世界はそう簡単じゃないけど、摩擦があるから人は前に進もうと今日をもがき、愛を知り、弁当も作れば、告白もし、幸せを願って、謝れる。 あまりこういう言い方はしないですが、冬に何か一本観るのならこれにしたらいいと思いますー、個人的な好みかもですが! 「ひらいて」に続いて山田杏奈ちゃん目当てで見たのですが、「ひらいて」の尖ったキャラから一変、いや、こちらも尖ってるけど人当たりは良い方か、それぞれ難しい役どころを完全に自分のものにして演じることができる山田杏奈ちゃんは本当に素晴らしいですね。相当な力量を感じます。 全登場人物を好きになる、深みがあって、そっとしまいこんでおきたい心の名作。  その中で特筆しておきたいのは前田旺志郎くん。兄弟揃っていい俳優になりましたね! で、彼が言われるこのセリフは2021年ベストセリフ候補でした。 「お前今日◯◯触ってねーじゃねーか」 これを言う小野が一番偏見がないんですよね。まるで「フレンチ・コネクション」のポパイ刑事、あるいは「グラン・トリノ」の老人ウォルト・コワルスキーのように、平等に偏見を持つ正直な人間。彼には彼なりの苦しみがあり、それを彼らしく乗り越える姿は、主人公ふたりに負けず劣らず胸を打ちました。演じた三浦獠太くん、注目しておきたい役者です。見終わってから、ご両親のことを知りました。 あと、ストーリーや内容をくどくど書きたくない作品なので端折りますが、今井翼さんが今井翼さんだと最後まで分かりませんでした。もちろんいい意味で。これまた難しい役どころを、これしかないというドンピシャな、大人の演技だったと思います。

閲覧数2,711