レビュー一覧に戻る
ライトハウス
2021年7月9日公開

ライトハウス

THE LIGHTHOUSE

R15+1092021年7月9日公開

事実の暴露

4.0

心地よい不快感が心地よい静けさを呼ぶ映画

賛否が分かれるであろう映画だが、ストーリーを無理に理解しようとせず、そのまま心をニュートラルにしながら観ているとなんとも心地よい不快感と狂気の世界に沈み、うつらうつらとしてくる。 どうでもいい映画なんかではなく、作り込まれた情景や音響、退廃的な世界観や役者の台詞全てのバランスが良く、眠りに誘われる。 恐らく、切なさや狂気や不協和音を目立たせる事によって対照的な「静けさ」を表現しているのであろう。灯台から発する警笛の音が不気味で素晴らしい。海鳥も禍々しく、狂気に侵された男たちのダークなお伽噺である。 種類は違うが、昔あった「銀河鉄道の夜」と同じような心地よい静けさを感じた。 嵐の夜に部屋に篭って何度も観たくなる映画。

閲覧数516