レビュー一覧に戻る
ライトハウス
2021年7月9日公開

ライトハウス

THE LIGHTHOUSE

R15+1092021年7月9日公開

ひーろーかむおん

3.0

煙に巻かれたような奇っ怪な作品

加齢のためか、近頃、書くのが滅法界億劫になってきたので、要点のみを記す。  あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『19世紀末、アメリカ北東部ニューイングランド沖の孤島に、2人の灯台守がやって来る。  彼らは、今後4週間にわたって灯台と島の管理を行なうことになっていた。  しかし、年長でベテランのトーマス(ウィレム・デフォー)は、元木こりでこれまで灯台守の経験がないイーフレイム(ロバート・パティンソン)に何かとつらく当たり、2人の人間関係は最悪そのもの。  険悪な雰囲気が続く中、どうにか仕事の最終日を迎えるが、そこへ嵐が襲来し、2人は島に閉じ込められてしまう。』  何ら予備知識もなく観始めたら、モノクロで画面も正方形に近いサイズだ。  最初のうちは画像が暗いので、髭面で薄汚いデフォーとパティンソンにゲンナリしながらも観続けたが、いつしか2人の現実とも狂気とも覚束ない遣り取りに引き込まれていく。  それに輪をかけるのは効果音で、絶えず鳴り響く不穏な音にこちとらも狂気の世界に誘われていく。  頻繁にカモメが登場するが、トーマスから「カモメには死んだ船乗りの魂が宿っており、殺すと不吉だから、決して殺すな」と言われていたものの、イーフレイムはメッタ叩きにしてぶち殺してしまうのだ。  それがラストの陰惨な顛末に結び付いていく。  また、イーフレイムが何回かマスターベーションをするシーンがあり、妄想?の人魚との淫靡な場面も印象的だ。  更に、トーマスが「俺のロブスターが好きと言え」という場面は、ホモセクシュアルな匂いもしてきてたぶらかされそうだ。  そうかと思えば、トーマスが海神プロテウスとかプロメテウスの神話の引用を口遊むので、ギリシャ神話音痴のオイラは更にたぶらかされる。  何を言いたいのか分からなくなってきたが、内容的には煙に巻かれたような不快な気分に陥るとともに、奇っ怪な不協和音に包まれながらのデフォーとパティンソンのしたたかな演技に圧倒されっ放しで、一見の価値は十分にありの3.4点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数235件目)

閲覧数699