ここから本文です

2021年11月12日公開

皮膚を売った男 (2020)

THE MAN WHO SOLD HIS SKIN

監督
カウテール・ベン・ハニア
  • みたいムービー 15
  • みたログ 1

未評価

解説

自由を求めて自らがアート作品となる契約を交わした男の運命を描き、第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた人間ドラマ。チュニジアのカウテール・ベン・ハニア監督が、理不尽な世界のありようをあぶり出す。主演のヤヤ・マヘイニは本作で第77回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門で最優秀男優賞を獲得。そのほか『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』などのケーン・デ・ボーウ、『オン・ザ・ミルキー・ロード』などのモニカ・ベルッチらが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

難民の男性サム(ヤヤ・マヘイニ)は、偶然出会った現代アートの巨匠から意外なオファーを持ちかけられる。それは大金と自由を手に入れる代わりに、背中にタトゥーを施し彼自身がアート作品になるというものだった。展覧会の度に世界を行き来できると考えた彼は、国境を越え離れ離れになっていた恋人に会うためオファーを受ける。アート作品として美術館に展示され、高額で取引される身となったサムは、やがて精神に異常をきたし始める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ