2021年4月30日公開

ミッチェル家とマシンの反乱

THE MITCHELLS VS. THE MACHINES

1102021年4月30日公開
ミッチェル家とマシンの反乱
4.1

/ 36

47%
22%
25%
3%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • 宮崎是彰

    3.0

    今風にアレンジ

    楽しい作品です。 ヨウツベやフィルター、MAD的な演出は今風で非常に親近感がわきますね。ストーリー自体はオーソドックスかつ起承転結がはっきりしているのですので安心して視聴することができました。 ただ、この作品ならではっていうのがちょっと薄いかな。基本的にヨウツベやMADの演出にアメリカっぽい不細工デフォルメ、ありがちなストーリーとアカデミー賞の割には小粒かなと感じます。 十分面白いのですが、アカデミー受賞と聞いて期待値が高かったと思います。もっとフラットな気持ちで見るべきでした。

  • moh********

    3.0

    ネタバレ映像は斬新かもしれないがストーリーは平凡

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bakeneko

    5.0

    ネタバレMa-I-A Hi, Ma-I-A Hu♪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    4.0

    パグが愛おしい

    フィル・ロードとクリス・ミラーが作る作品には、やはり外れはないと確信する。 家族の揉め事から、スマホによる反乱という混乱。 その解決から家族の団結という結びつきを見せていく過程。 現代の家族らしく、スマホやパッドなどに夢中な家族であり、父だけ唯一アナログであり、特に娘のケイティには厳しく映る。 そこからいかにして和解していくのかだが、機械の反乱という立場に対し、自ら機械を操作して反撃していく痛快さ。 特に本拠地に行くと家族の違う面が次々出てくる。 ママの急激なキレっぷりも面白いし、特にパグ犬のモンチが愛おしくてね。 誰がどう見てもブサ犬なんだけど、そこが段々と愛らしく見えてくるから不思議。 現代のデジタル機器とアナログ機器の融合のような映画だが、それをコメディ仕立てにする演出は見事。 次回作も楽しみだ。

  • dai

    5.0

    最高

    面白いし最後は泣けるし最高。

  • ぬまつ

    5.0

    敵の設定が好き。家族愛も泣ける

    「ここ2ヶ月の配信作で一番の傑作」と動画をアップする人もいるほど、好評を博している本作。 アメリカ版クレヨンしんちゃんと言う人が多いように、家族愛に重きを置いている作品だけど、それよりも敵の設定が好き。 反乱を実行する者と、その反乱を指示する者の組み合わせがすごく興味深くて面白いですよね。 じたばたストレス発散法が可愛かった。 家族愛ももちろんよかったですよ。最後は泣けた。お守りの感動破壊力がすごい。 ぼくは飛行機キャンセルなんかされたらもうそこで大発狂して絶縁宣言するでしょうけどね。 ってかまぁいうほど変人ではないと思う。食パンを除いて。 食パン最後奇跡が起きたと思ったら失敗した、と思ったら結果オーライでしたね。 グラフィック的に好みに合わないだろうなと思っていたけど、全然そんなことなかったです。 オープニングのテナガザルでいきなり面白かったけど、それがもう一度終盤に出てくるとは思わなかった。 さぁ長編アニメーション賞でどこまでいけるか。

1 ページ/1 ページ中