レビュー一覧に戻る
幸せの答え合わせ
2021年6月4日公開

幸せの答え合わせ

HOPE GAP

1002021年6月4日公開

at_at****

5.0

ネタバレHOPE GAP 望み・希望のギャップ

あまり期待なく見始めたが、予想に反してド直球で心を突き刺された映画だった。 29年の結婚生活。 妻は確固たる持論と理想を持ち、それを正としそれ以外は間違っていると考えており、それを夫や息子にも強要して求める。 間違うと怒り感情を爆発させる。 求め続ける妻とそれに応えられない夫。 夫は応える努力をすることに疲れ、応えることを諦め、外に目が向かった。きっと長い年月の中で徐々にこうなったのだろう。 そのタイミングで出会った女性に幸せを感じ、夫は家を出てそれを選択する人生を選んだ。 教師の夫が語る歴史の荷車に乗せられた負傷兵を振り落とす話。振り落とされた負傷兵はそのまま凍死する。誰も彼を振り返らない。 そして3人が対峙した時に、アンジェラが言った言葉。3人の不幸な人間がいた。今は不幸な人間が1人になっただけ、と。 振り落とされた負傷兵は、妻だったのだ。 アンジェラはなんて残酷なことを言うのだろうか。事実だったとしても、それを妻に言う立場にはないはずだ、と思ってしまった。 長い年月をかけて違う電車に乗り続けた夫婦は違う電車に乗り込んだ事にすら気づかないまま向き合わないまま29年も経った。 29年一緒にいるのにこれほどまでに分かり合えない切なさ。 そして別れゆく両親の間に立たされる息子の辛さと痛み。 どんな時も大切な人には幸せであってほしいと思う気持ちが伝わってくる。 死にたいほどの辛さを抱えながら生きていく意味。その道筋を息子が母に語る。それを聞いてストンと腑に落ちる私がいた。 ずっと一緒にいたけれど、全く違うタイプの人間だった。理想の夫婦像を追い求めていたけれど、同じ方向を向いていなかった。 幸せと不幸せ。 母、父、息子それぞれの心の痛みを痛いほど感じるえぐられる映画だった。

閲覧数516