ここから本文です

上映中

先生、私の隣に座っていただけませんか? (2021)

監督
堀江貴大
  • みたいムービー 165
  • みたログ 276

3.56 / 評価:236件

劇中漫画の進行とストーリーの関係が面白い

  • lei******** さん
  • 2021年9月12日 22時36分
  • 閲覧数 335
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画作品のストーリー進行と、劇中で新連載として
描かれる不倫を題材にした漫画の進行の関係が面白く、
後半は非常に楽しめます。
前半で、旦那の不倫や新連載のネーム作成開始に至るまでの
部分をわりと時間をきっちりとって描いてあり(1時間弱)、
地味ですが、それが後半にズドンと聞いています。

最近、こういう劇中作品と映画の進行を比較して面白く
見せる作品が続いているように思います。いずれも今年公開の作品ですが、
「キャラクター」https://movies.yahoo.co.jp/movie/374992/
「鳩の撃退法」https://movies.yahoo.co.jp/movie/375989/
を観て、ある程度楽しめた方は、この作品も面白いのでは
ないかと思います。

それから、主演の黒木華さんが非常に良かったです。
・結婚5年で飽きられている妻
・新たな恋に踏み出した魅力的な女性
この両方の見た目のギャップが非常に心に残りました。
今まで、黒木華さんに対しては、同世代の女優さんの中では
わりと地味な印象を持っていたのですが、この作品をみて
注目してみよう、と思いました。
30代後半になると、若いころのイメージが邪魔して活躍できなく
なる女優さんが出てくる中で、その年代に入ってさらにご活躍
されるのではないか、そんな予感を感じました。

この作品では、バックミラーや卓上鏡といった鏡越しのカットが
わりと多く、私はこういうカットは好きなので好感を持って
観ていました。
あと、漫画の進行とストーリーが追いかけあいながら進んでいくので、
漫画のネーム(下書き)が先に進んで、映像が後を追っかける、とか
ネームだけで進んでいくシーンがありますが、人によっては
「映画の絵コンテ見せられても…」と感じるかもしれません。
ここは好き嫌いが少し出るところだと思いますが、進行上致し方ない
部分ですね。

上映館の都合上、ちょっと遠いところまで見に行きましたが、
行った甲斐があったと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 不思議
  • 知的
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ