レビュー一覧に戻る
先生、私の隣に座っていただけませんか?
2021年9月10日公開

先生、私の隣に座っていただけませんか?

1192021年9月10日公開

UrbanDockGoer

4.0

えー、どれが現実?  激しく揺さぶられる

予告編で観た設定が面白そうだった。 さらに主演は演技巧者の2人。 楽しませてくれそうな期待が膨らんだ。 【物語】 俊夫(柄本佑)と佐和子(黒木華)の漫画家夫婦。長い連載を終えた日、佐和子の母親が事故に遭ったことで、2人は田舎の佐和子の実家でしばらく暮らすことに。 次回作を考え始めていた佐和子が不倫をテーマにした新作を描き出すが、それをこっそり見た俊夫は愕然とする。 内容が2人の暮らしのリアル過ぎる描写であり、夫と妻の担当編集者との不倫が描かれていたのだ。事実、編者者千佳(奈緒)と不倫関係にある俊夫は動揺する。 さらに佐和子が通い出した地元の自動車運転学校の先生に惹かれていく過程が描かれており、俊夫はさらに激しく動揺する。 そしてある日、運転免許を取得した佐和子がドライブに行くと家を出たまま夜になっても戻って来なかった。 【感想】 上手く作った作品だと思う。 柄本よ黒木の演技の上手さも有って、最後まで何が真実か確信を持てず、半信半疑でエンディングを迎えた。しかも、「真実はこっちか」がシーソーのごとく右行ったり、左行ったり。 漫画の作品で夫に内なるメッセージ(いや脅しと言っても良いのだが)を伝えて来るという設定は斬新であり、面白い。 こんな目にもし遭ったらと想像すると、怖ろしい。 さらに劇中漫画の登場人物が魅力的! フィクションである漫画だから柄本・黒木に激似である必要はどこにもない。 でも似ても似つかぬでは、物語の設定上も俊夫。佐和子を連想しづらくなってしまう。 柄本・黒木に似ていながら、漫画の方がキレイ・カッコイイというさじ加減が絶妙。 もしこれが、キラキラ男優・女優だと「実物の方がイイ」みたいなことも起き得るので、ルックスそこそこの柄本・黒木というキャスティングの妙をここでも感じる。 最後に思うことは男は女に敵わない。 佐和子しかり、千佳しかりだ。 どちらも強か。 おろおろするのは俊夫ばかり。 柄本佑、黒木華、奈緒の3人の役者の上手さがあっての作品。 特に女性には痛快、 男はちょっと苦さも味わう作品。

閲覧数824