レビュー一覧に戻る
先生、私の隣に座っていただけませんか?
2021年9月10日公開

先生、私の隣に座っていただけませんか?

1192021年9月10日公開

talkingdrum

3.0

ネタバレ不倫復讐コメディ作品

宣伝で漫画家の奥さんが旦那の不倫を漫画にして追い詰めるような感じだったので、どういう展開なのか興味が湧いて見に来ました。 奥さん”早川佐和子(黒木華)”が漫画家で夫”早川俊夫(柄本佑)”は主夫なのかと思いきや、夫も漫画家w  それも4年間漫画が描けない状態で現在進行中だという。佐和子にとって俊夫は漫画の師匠だと終盤作中で語られるところを見ると、漫画が描けなくなって佐和子と立場が逆転しヒモ男状態のプレッシャーから逃れる為に佐和子の担当編集”桜田千佳(奈緒)”と不倫に走ったという印象。俊夫は全く離婚する気が無く、漫画のネームで自分の不倫がバレている事を知ってからは、佐和子が自動車教習所で出会った若いイケメン教習員に嫉妬してストーカーのごとく佐和子の後を追いかけ回す始末。 一方、佐和子の方は不倫を知ってからは俊夫を弄ぶように自分の不倫を漫画で描いていく。それも自分の机の上に分かり易く置きっぱにしている所を見ると作為的なのは明らかw 俊夫に気持ちがある場合は普通、相手の女に復讐するのに何もしない。すでに俊夫に愛想が尽きていてヤラレタ事をそっくり返して復讐を楽しむと決めての行動。 この映画は俊夫からの目線で見るので、漫画で描かれる佐和子の行動が俊夫の想像なのか現実の佐和子なのか混乱させるところに面白さがあります。普通、不倫を描くと激しい罵り合いとSEX。そして相手を刺し殺すといった陰惨なモノがホトンドですが、この作品は既に奥さんの気持ちが無いところから始まっているので、狼狽する旦那の行動を描く本作は不倫コメディと言った感じ。 ちなみにネームと言ってますが、漫画原稿用紙にキッチリ書かれているのでネームではなく下書きなんじゃない?そのままペン入れしてるしw 漫画原稿用紙にネームを書く漫画家さんも一部にはいるようですが… 平日に行ったんですが何気に老若男女劇場の半分ぐらいの入りという人気ぶり。 気になった点は画面サイズがビスタというよりもスタンダードに近い変なサイズなのが気になりました。

閲覧数1,257