2021年6月11日公開

Mr.ノーバディ

NOBODY

PG12922021年6月11日公開
Mr.ノーバディ
4.1

/ 1,282

35%
43%
17%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(292件)


  • oasis

    4.0

    痛快w

    無知の状態で見始めましたが まったく予期せぬ展開に爆笑w 久々に痛快な映画でした。

  • sawa

    5.0

    あっという間の時間

    ノーマークでした。 40代50代いや70代の方には元気をくれる映画ではないでしょうか。 ココ最近にはない高揚感で2作目を期待します。 是非映画館で見て欲しいです。

  • はたあみ

    4.0

    加速が止まらない

    冴えない中年男の悲哀を描いたシリアスな話かな ・・・・・ と思いきや、後半に向けておバカぶりがドンドン加速していって止まらなくなります もうここまで振り切ったバカバカしさは爽快ですね 頭を空っぽにして楽しむのが一番です 続編も作られそうな予感です

  • お茶

    3.0

    思っていた以上では

    ポスターやファーストシーンで結構期待値が上がりました。 でも、内容は思っていた以上にこじんまりしたものでした。 解説を読めばだいたいわかる。あとは魅せ方ですが。 爽快とかスッキリしたとかいうほどでもなかった。サブスクで無料で観れて良かったです。 友人にお勧めするほどでもないかな・・・ こういう感じ、いつの時代もあるけど、主演のおじさんのくたびれた感はまずまず良かったです。 でもブルース・ウィリスには及ばんな~。

  • SN

    4.0

    ネタバレスカッと!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pop********

    3.0

    専門家不在のアクション

    内容は無難に楽しめるアクションだが、やはりこの手のアクションは「専門家」が必要だ。ほぼ同じ内容のREDなら「ブルース・ウィリス!?ジョン・マルコビッチ!?モーガン・フリーマン!?すげえ豪華キャストだ!!」となる所が、本作は「主人公は遅咲きの俳優さん?おじいちゃんはBTTFのドクか。助っ人のアフリカンは誰だよ?」で、終わり。 内容は無いような映画の場合は「この俳優なら期待したアクションをやり遂げる」という、視聴者との信頼関係が必要。例えば96時間のリーアム・ニーソン、沈黙シリーズのスティーブン・セガール、このジャンルでは比較的若手のジェイソン・ステイサム、言わずもがなアーノルド・シュワルツェネッガーやシルヴェスター・スタローン。これらの名優は似たような作品に頻繁に登場し、自分達の仕事を誇示してきた。それも膨大なキャリアの中で。うんざりする人もいるが、それ以上に期待しているものが必ずあるという揺るぎない信頼があるから、ファンは同じ役、似たような作品を求め続ける。吉本新喜劇のように。彼らは「専門家」なのだ。 ジョン・ウィックのような例外もあるが、あれは圧倒的なアクションと技術力で新しい活躍の場を見つけ出したパターンである。本作にはそこまで優れたアクションは無く、本作の主人公役が同じ役柄で食っていくのは無理だと思う。 つまるところ、専門家がいる仕事を専門外の人に任せたような雰囲気で「よくやったね」と労いの言葉をかけたくなる作品だった。普通の人に見せかけて...という作品で意外性を出すにはあまりにテンプレで、これを絶賛するのは往年の名作を知らない世代なんだろうなぁと思う。つまらない映画ではないんだけどね。

  • hik********

    5.0

    冴えない中年親父が……ブチ切れる!!!!!!!!

    またこの手の映画かよ、と辟易する人もいるかもしれないが、と言うかかく言う私がそうだったのだが、寧ろこの手の映画を観まくっている人にこそ是非お勧めしたい。 いやー、面白かった。 まず冒頭のハイテンポさが素晴らしい。地味に一番良かったのはここかもしれない。 「ナメてた相手が実は殺人マシンでした」を描く為には、当然だが「ナメられる」シーンをまず映さなければ話が始まらない。 ここをダラダラと30分くらいかけて描いていたら、観客としてフラストレーションが溜まりすぎて確実に失敗していたと思う。 そこくると本作はたった10分程度でその件を描き切り、以降はカタルシス展開へと向かうので非常にテンポが良い。 いかにも「ジョン・ウィック」の脚本家と製作らしい一作で、非常に生々しいバイオレンスを見せてくれるのも良かった。 加えて、所々にシュールな笑いを混ぜているのもまた絶妙だ。 ハンサムな容姿では無く(失礼だが)、冴えない中年親父が活躍するというのがユーモラスで、アクションシーンもかなりアイデアが凝っていて見応え抜群。 更には意外な“味方”も登場して暴れまくる。 星5点は、我ながらやや高すぎる気はするが、初見でのインパクトは最高だったので、思い切ってこの評価に。 ちなみに、エンドロール途中にもワンシーンありますよ。

  • blue

    4.0

    気分爽快

    ジョンウィック1が好きなら、この映画も好きだと思う。 残念ながらジョンウィックは2、3と回を追う毎につまらなくなってしまいました。 この映画はジョンウィック1のようなシンプルに強い人無双が見れて楽しい。

  • occ********

    2.0

    過大評価

    ハッキリ言って評価高すぎやしないか? もともとのプロットは「実は~でした」。使い古されすぎて出がらしになってる設定。このプロットを使うなら、ひねりや工夫がないともう無理だよ。ジョン・ウィックが成功したのはこのプロットに独特の世界観を加えたからであって、何のひねりもない今作はそれだけでマイナス。 ならばギャップは?というと、見た目はまぁ合格。というか、あれだけ奥さんや息子との関係を使ってるのだから、そこに注力してたのは一目瞭然。 問題はスキル。どう見ても〇〇〇の会計士だったとは思えない。それぐらいアクションの質が悪い。せめてイコライザーのデンゼルぐらいの見せ方をしないと説得力がない。あれならまだドクの方がマシだよ。というか、ドクで撮るべきだったんじゃないか? ひねりの無い設定に微妙な描写。高評価の要素がまるでない。にもかかわらず、ねぇ・・・。高評価に騙された感が強い。

  • Wildside

    3.0

    最後はブアーっと派手に行こう

    冴えないジジイが実は凄腕の退役軍人?いずれ殺しのスペシャリストで、そのオヤジ(爺さん)は元FBIでメッチャ強かった、っていうありがちな話。ただ中盤までは本人もソコソコ傷を負ったりするので、「あれ、バカっ強にせず少しリアリティ持たせる展開かな。それはそれでいいかもね。後半に期待」と思ってたら最後はやっぱり無敵モード発動でバンバン撃ちまくる倒しまくる。オヤジ(爺さん)も一緒になって無双状態。なんだ、結局いつものパターンやん… なので特筆すべきとこも無くよくあるパターンの映画なのですが、ソコソコのカタルシスは得られるので悪くも無く良くもなく及第点かなと。思いますハイ。

  • her********

    3.0

    調理失敗

    冴えないオヤジが実は凄腕の元殺し屋。定番中の定番ですが好きなストーリー。期待して観ましたが、、残念。演出が大失敗。退屈な日常の繰り返しという描写から爆発の瞬間をどーんと描きたかったんでしょうけど、きっかけもバイオレンス描写も凡退。悪役も、どこで切れるかわからない不気味さを出したかったんでしょうがこれも平凡。家に多数の仕掛けがありそうでしかしあっさり敵部隊が侵入。本人銃器無し、ぶっそう。おそまつ、、。静かな深夜の住宅街、あれだけドンパチやって警察来ない。陳腐。ラストは敵全滅。そこまで主人公の怒りを買うようなことはしていないのに、、。やりすぎ。効果的に音楽とスローシーンを組み合わせているが全然響かない。素材はそろっているのに素人が調理したみたい。

  • kit

    5.0

    単純明快で

    面白かった。一応 家族愛も描いているが 単なる動機付けで、ウェットでもハートウォーミングにもなりすぎてはいない。つまりストーリー内容は薄い。 でもそれで何の問題もないし、むしろ爽快感が溢れている。 何より、あのソウル・グッドマンが ボロボロになりながらも敵を圧倒していくハードな役柄を演じている事に驚いた。 何気にドクのコミカル感も良いスパイス

  • はまはま

    5.0

    めちゃくちゃ面白い!

    最初はあまり期待せずに試聴しました。 が、爽快感もあってテンポもよく面白い! イコライザーやジョンウィックと違って 徐々に勘を取り戻していくのがリアル 途中で流れる音楽も素敵でした。

  • drm********

    4.0

    ネタバレ爽快や

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ぱやお

    5.0

    面白すぎるって

    めっちゃ面白い!もし見るの悩んでるなら即見て!お勧め!!! 実は元から強いんですって人、大好き。 でも、やられた事との割合が合ってなくて やりすぎじゃね?って思ってるうちに どんどん事態が大きくなっていって もうこのバンバン殺していく爽快感に浸るよね。笑 ディカプリオ主演のディパーテッドみたいな感じ。笑 お父さんも味があってファンです。

  • fu1********

    3.0

    ネタバレどう見ても弱そうなところがポイント

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kaz********

    4.0

    最強おやじの痛快アクション

    かつて某機関で優秀なスタッフであったが、訳あって平穏な生活をしていた。 しかしある事件をきっかけに昔の血が騒いでしまうみたいなお話。 いかにこの男が平々凡々な生活を送っており、いかにしてプッチーンとキレてしまうのか、スピーディーで、え?いきなり!という爽快感が面白い。 主人公も強いとはいえ無敵感はなく、生々しいのも良い。 老人施設にいる父(クリストファーロイド)もまた味がある。 登場人物全員魅力があり、あっという間に見終わってしまった。 低評価の人のレビューを読むと、ストーリーが浅いとか無意味に殺していくとかそういう人が多い印象。 でもこういうバイオレンスアクションってそういうもんじゃないかね?と思う。 この映画は理屈抜きにして爽快なアクションを見たいという人向けかもしれません。 マーベルにも似た爽快感がありました。

  • kmi********

    5.0

    痛快

    タランチーノ好きには応えられません。キルビル2以来久々に痺れました。

  • tok********

    2.0

    感想はそれぞれ。。。

    この手の映画(イコライザー・ジョンウイック)は、大した大義名分もなく、ただただ殺しまくるだけ。 暇つぶしにもならん映画です。

  • delu

    4.0

    Amazon 2022年視聴

    評価3.5

1 ページ/15 ページ中