2021年6月11日公開

ブラックバード 家族が家族であるうちに

BLACKBIRD

PG12972021年6月11日公開
ブラックバード 家族が家族であるうちに
3.6

/ 76

13%
41%
36%
9%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ある週末、リリー(スーザン・サランドン)と夫のポール(サム・ニール)が生活している海辺の屋敷に、家族と親しい友人が集まる。ある理由からすでに死を覚悟したリリーは、最後の週末を大切な人々と過ごそうと心に決めていたのだった。そして、彼女の屋敷に長女のジェニファー(ケイト・ウィンスレット)とその家族、次女のアンナ(ミア・ワシコウスカ)とパートナー、そしてリリーの親友リズ(リンゼイ・ダンカン)らがやって来る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(15件)

切ない22.9%悲しい20.8%絶望的10.4%泣ける8.3%勇敢6.3%

  • ひーろーかむおん

    3.0

    家族の巣立ちの在り様

    まん延防止期間中は在宅勤務が多く、観た映画がどんどん増えて未レビューが一杯溜まってしまったので、一口寸評にする。    あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『ポール(サム・ニール)とその妻リリー(スーザン・サランドン)が暮らす海辺の家に、とある週末、長女ジェニファー(ケイト・ウィンスレット)の家族や、次女アナ(ミア・ワシコウスカ)とその同性の恋人であるクリス、リリーの長年の親友リズ(リンゼイ・ダンカン)らが一堂に集結。  進行性の難病を患うリリーが安楽死の決意を固め、最後のお別れ会を開こうと彼らを招待したのだった。  緊張した空気が次第にほぐれ、彼らは和やかなひと時を過ごすが、自分でも多くの問題を抱えたアナが不満をぶちまけたのを機に、事態の行方は予断を許さなくなる。』  屡々映画の題材に取り上げられる「安楽死」がテーマだ。  「安楽死」を選択した当人は揺るぎない信念をもって臨んでいるが、それを看取る家族の思いはそれぞれで、謂わば、母親からの家族の巣立ちの在り様が描かれていく。  旅立つのは母親なのに、「安楽死」の場合は、看取る家族の方が母親から旅立って行くということなのだろう。  オイラも似たような境遇の最中にあったが、今や「安楽死」もままならぬ状況に陥っていて、煉獄放浪中といったところだ。  そんなことはどうでもよろしいが、抒情的な海辺の景色と瀟洒な家で繰り広げられる豪華役者陣の妙演を愉しむだけだ。  ただ、ラストのリリーの親友リズの扱いは、オイラがポールだとしたら、おちょくられているとしか思えなかったので、一見の価値程度はありの3.2点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数207件目)

  • sss

    2.0

    面白くない

    早回しで観た。 題材はよいが内容は退屈。 /2.5(202205)

  • ohg********

    3.0

    ネタバレ生命

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ホラーに甘く、邦画に厳しく!

    4.0

    家族モノの秀作

    小さな家族の物語に深いテーマがいくつもある秀作。ひとつ言えるのは“愛”は簡単ではないと言うこと。色々な形があるという事でしょうか。 “尊厳死”という難しいテーマもあり。 皆が葛藤し、悩んでる姿が上手に描かれています。 俳優陣の演技も見事。サム·ニールが好きなので観ましたが、女優陣もさすがの存在感です。 誰が飛び抜けてという訳ではないですが、それこそ作品の安定感を高めています。

  • mnk********

    3.0

    計り知ることができない愛

    冒頭、片麻痺の妻が夫に寄り添われているのに 「ありがとう」も言わない様子に憤慨したが、 その意味を作品の後半に知る。 愛は、甘いだけのものではない。 激しく熱い、だけでもない。 脚本は面白くならないが俳優達が素晴らしく、 その演技に説得され納得し目が離せなかった。 人は生きて病んで老いる以上、離れられないテーマだが、自分が容易くこの作品に近づいたかといえば、まだまだ。 まだまだである。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブラックバード 家族が家族であるうちに

原題
BLACKBIRD

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス

製作年度

公開日

ジャンル