2021年5月21日公開

ミッション:ポッシブル

MISSION: POSSIBLE

PG121052021年5月21日公開
ミッション:ポッシブル
3.9

/ 32

31%
41%
22%
3%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • kos********

    3.0

    物足りなかった

    こういう映画は好きだけど、少し物足りなかった アクションはカッコよかった

  • ひーろーかむおん

    3.0

    メリハリの付け方は流石だ

    …コロナ禍以来、劇場へ足を運ぶのが億劫になり、専らWOWOWで映画を愉しんでいる古希過ぎのジジイだ。  未だ会社勤めをしているが、仕事の合間を縫って書いているので、ザックリと記す。  あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『金さえもらえればどんな依頼も引き受ける探偵事務所のウ・スハン(キム・ヨングァン)。  ある日、彼のもとに謎めいた女性秘密エージェント、ユ・ダヒ(イ・ソンビン)が現金1000万ウォンを持って現われる。  彼女の依頼は、武器密売事件の独自捜査への協力というものだった。  金に目がくらんで依頼を受けたスハンだが、熱血的なダヒとお調子者の彼とでは水と油。  口を開けばいがみあい、捜査は迷走してばかり。  事件解決どころか、2人は指名手配までされてしまうことに。』  まん延防止期間中は「3勤2宅」故に、観た映画がどんどん増えて、書く時間が殆ど取れないので、未レビューが溜まる一方だ。  このあらすじからも分かるとおり、前半はクッタクタのコメディータッチだが、テンポも良くノリもイイのでそれなりに愉しめる。  で、後半に至ると打って変わってシリアスタッチとなり、へぼ探偵が元特殊工作員の戦闘能力を覚醒させて、ダヒとバディを組んで、バッタバッタと敵さんを薙ぎ倒していくシーンは痛快だ。  コメディーと見せかけて、一転しての激しいアクションは、天然物のワサビを口に含んだ時のような新鮮な刺激を味わえた。  韓国映画は、メリハリの付け方もエンタメに徹していて、非常に愉しめた3.4点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数155件目)

  • ちょい悪おおかみ

    4.0

    全盛期のジャッキーチェンみたい

    アクションコメディの分野も韓国映画は凄い アンジャッシュのコントみたいな勘違いから、捨てゴマの中国スパイと元最前線のエリート軍人がパートナーとなって悪をやっつける はじめはコメディ要素が多めならが後半体を張ったアクションや銃撃戦、ナイフアクション多様 ちょっと頼りない顔の主人公と華の無いヒロインがいい味出してます エクストリームジョブやエージェントジュンと比べると笑いの要素は負けてないと思うけどアクションが少し物足らないというか映像が暗い 男女のペアは洋画でよくあるパターンなのだがコメディを足したアクション物は良作が少ない ずっと勘違いのまま話が通じるのが面白い 続編があるみたいだけど是非みたいですね あまり人気がないのかレンタルコーナーの隅っこに追いやられてますが、役者が地味、無名だからか? タイトルも例のやつのパクりじゃなく、もうちょっと工夫してほしかった 馬鹿馬鹿しさはありますが十分話は通ってるし、見応えもあります。人にオススメ出来るかな 相変わらず韓国映画、恐るべし 満点付けなかったのはちょっと長くて間延びした所だけです。面白かった。

  • mat********

    3.0

    大阪人でもバッチリ笑える

    やっぱり韓国映画にはハズレがない。 やる気マンマンだが捨て駒扱いのダヒとカネのことしか頭にないオトボケ探偵スハンのバディ映画。 笑いとリアルなアクションがてんこ盛り。 ネットで作品紹介を読んでおいたから予備知識もあって最後まで楽しめた。 ただ、せっかくのアクションシーンなのに暗くて良く分からないシーンあり。 なので☆3つ。 暗くする必要なんてないのになあ。 アクションが心もとないからかな? でも楽しむ分には問題なし。 続編も作っちゃいましょう。

  • wxj********

    4.0

    ネタバレ前半のダメっぷりが一転する姿が愉快痛快

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bakeneko

    5.0

    ネタバレドロシーは何処に?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中