2021年6月18日公開

モータルコンバット

MORTAL KOMBAT

R15+1102021年6月18日公開
モータルコンバット
3.3

/ 466

16%
28%
35%
14%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(109件)


  • abu********

    4.0

    ネタバレ良いアクション

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あき

    2.0

    もっとゴア描写を!

    ゲームはやった事ないんですが、そのゴアな殺戮法は面白く、息子ととばしながら鑑賞。お話しはどうでもいい。ちょっとゴア描写不足。

  • gor********

    1.0

    時間を返せ!

    あまりに退屈なストーリー展開に途中で寝てしまった。

  • きりゆ73

    3.0

    サブゼロかっこいいねえ

    ゲームが原作らしいんで、そっちを知ってる人の方が楽しめそう。対戦相手に勝ったときの残酷な殺害シーンが売りらしいけど、正直、ゲームだから話題になったんであって、映画になっちゃえば平凡なスプラッターでどうってことはない。 台本は大味だしアクションも時代遅れのハリウッドカンフーがかったるい。真田広之とか浅野忠信が出てるけど他のキャスティングは平凡で、つまりは日本ではスターでもアメリカに行けば有象無象の一人なんだなあとちょっと悲しくなる。 唯一の見どころは冷気を操るサブゼロ(氷点下)ってキャラで、X-Menのマグニートーなみに攻撃が多彩でかっこいい。空気中の水分を凍らせて氷の塊を降らせたり、敵から噴き出した血を凍らせて刃物に変えて波状攻撃とか最高。 続編も作るらしいけど、オリジナルキャラの主人公も特に魅力ないし大丈夫なのかね?個人的には少なくとも映画館に見に行こうとは思わないかな。

  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

    三部作?のようで、その意気込みは十分に伝わる。 今回はプロローグと言っていいだろうとおもう。ゲームを知らな人への世界観の説明やキャラやバトルのわかりやすさはありがたい展開であった。 ゲームを知らないのでネットで映像を見てみると、昭和の人気ファミコンゲームのストリートファイターを立体感ある映像にしたみたいという印象。この世界観は映画によく出ていた。 ようは、バチバチ殴り合って最後に光線やら火炎やらを撃ち込む戦いです。ウルトラマンの戦いを思い出してみるとそれですね。 今回は、豪華な映像技術とシリアスな物語の融合でなかなか面白い。たしかにバトルはファンタジーだが、マーベルヒーローを普通に(笑)観れる人は大いに馴染めると思う。 日本からはハリウッドではお馴染みと言っていい、)、浅野忠信、真田広之も重要な役で出演。主人公のルイス・タンは、『テンリングス』のオーディションからの縁で主役抜擢。(テンリングスは出ていません) 他中国系の俳優が多数出演。中国拳法のリスペクトも感じます。格闘ゲームには欠かせない流派ですよね。しかし今時代では中国圏マーケットには必要な配役でもあると思います。 魔界と現世の超能力者の長年の戦いがベース。どちらか支配者となるかの10対10の個人戦大会が後々に行われるとの事。ここは漫画的な設定ではあるが選考メンバーに魅力は感じます。現世側は今回はプロローグですから、人員探しと訓練がメインで超能力開発に目覚めるまでの戦い。 しかしここは飽きさせない展開。 魔界側はしっかり試合を待たずに(笑)せめてきます。ここは楽しませてくれる。魔界戦士の力量も姿も理解できるし戦いながらの現世側の超能力発現の期待感も生まれます。 主人公の能力発現と家族の救出、なんと最強忍者ハンゾウの復活。 魔界戦士の撃破と盛り上がりは満足である。ただし無駄に?グロいんでPG制限がかかるのも納得。 もし三部作が、映画界ではよくあるように打ち切り(笑)となってもこの一作はこれはこれで満足できる内容でキリも良いです。 果たして先々に10対10の対抗戦を見せてくれるのか期待しつつも、やらないんだろうなぁと予想しながら楽しんで観れました。

  • kkk********

    3.0

    アクションだけなら

    アクションだけの映画をのんびりと観たいならどうぞ。真田、浅野が日本人として頑張っている事を再確認するが、外国人のアクションがお粗末であり、少々興ざめ気味。続編を匂わすエンドですが・・・また飽きずに観てしますのでしょう。

  • shi********

    4.0

    ネタバレとりま、面白い…です。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    4.0

    ○フツーに面白いやん……還暦のじいさんが見ても。

    と、思いました。 真田くん頑張ってるし、ショー・コスギの息子に似た主演俳優も感じええし。 この手の映画に理屈を求めてはいけない。 要は、面白ければ短い時間に感じる、つまんなければ長く感じる。詰まるところ、娯楽とはそんなもの。 半世紀映画を見てて、要約すればそんな感じ。

  • こりゃまたたまげた

    2.0

    褒められるのは演技力だけ

    主人公コールが修行して得た能力って結局何だったの? 突然金色のスーツに包まれて中国武術の武器であるトンファーを手にしたけど、そんなに強くなってないよね? 阿修羅観音みたいな魔物だけは倒しはしたけど、自力で倒したのはそれだけだよね。 女の魔物はソフィアに助けてもらってるし、サブ・ゼロは蘇ったハンゾウが倒してるし。 そもそも手から炎が出たり眼からレーザービームが出たりしたら、それはもう人間ではなく魔物だよね。 ましてや蘇るシステムまであったらもう何でもありなんじゃないの? アクション映画でこんなに弱い主人公が今までいただろうか。 豪華キャストで演技力がすごくも、脚本がこれじゃあねぇ・・。

  • そうじ

    1.0

    なんだかなあ

    魔界のボスが中国人妖術師というのがショボすぎました。威厳や迫力が皆無で、ジャッキー・チェンさんの劣化版みたいです。暇つぶしにはなるかな…。

  • xdz********

    3.0

    考えて見るんじゃない!感じるんだ!的な作品

    ストーリーは、あんまり考えないようにして人間と魔族の戦いを見ることだけに集中しました。 CGの出来がまあまあ良く、日本人キャストが頑張ってます。 暇つぶしには良いかも。

  • 無名

    3.0

    何コレ

    コレって ゲームプレイしてないと ストーリーが サッパリ分かんないやつ? 取り敢えずアクションが良かった。

  • 赤平

    3.0

    これぞモータルコンバット。中身なしでOK。

    こういう映画に意味をもたせちゃいけません。 カッコよければ全てOKなんであります。 サブゼロ強えーー。 いじょ。

  • zec********

    2.0

    ネタバレ結局、モータルコンバットって、何よ?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ちょい悪おおかみ

    3.0

    ふ~ん、元はゲームだったんだ!

    アジア人を使ったX-MEN? 目からレーザー、アナ雪のエルサのパクり? 何でも凍らせるマスクマン 何しろストーリーが分かりにくい 魔界と人間界のタイマン勝負という時点でもはや無茶苦茶 結局悪の親玉(ジャッキーチェンのパチモン)を倒さないまま、続編へ続く やってることはX-MENやマーベル、DCと大差ありません ひたすらCGとVFXで誤魔化してるだけです ただアクションは凄い これは真田広之を見る映画です ハリウッドで通用する唯一の日本人、彼とケンワタナベ、そして浅野忠信 さすがに全盛期のキレはないですけど侍、忍者やらせたらやっぱりこの人 サニー千葉が亡くなった今浅野忠信の活躍も期待 まさかずっと目が光っていた人が彼だとは! 小栗旬なんかハリウッドで何も出来なかった 西洋人にはアジア人はみんな一緒なんでしょうね 格闘技映画というよりはカンフー映画っぽい だから中国系の俳優さんばっかり ただ名前が何とかならなかったのか ハサシハンゾー?服部って英語で言いにくいのか 忍者っぽいけどやっぱり辺な衣装 私のイチオシの篠原ゆき子さん出てましたけど あっという間に殺されちゃった(笑) 今相棒で頑張ってますけど 馬鹿馬鹿しく単純な映画なんですけど、スプラッター、内臓ドバドバ、真っ二つ、血がブシューはやり過ぎですね 氷の呼吸には火の呼吸 煉獄さん、連れてくればよかったのに(違うか) 普通に楽しめたので星3つです

  • ben********

    5.0

    ネタバレモータルコンバット初めての方とコアな方へ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • r99********

    4.0

    真田広之健在!

    予告編が面白そうで観ました、真田さんのアクションはなかなかです。 ところで日本にもいいアクション俳優がたくさんいるのに日本映画では活躍できる映画がほとんど無いのが残念です。 一度、真田さんや武田梨奈さん、坂口拓さん達でいいアクション映画を作っていただきたいものです。

  • ron********

    3.0

    真田広之さんがカッコいい

    日本では国内版未発売なのでイマイチ知名度が低いですが、北米では「ストリートファイター」や「鉄拳」と並ぶ超人気格闘ゲームらしい「モータル・コンバット」の実写映画化。 まあそういう私もプレイ動画を少し見た事がある程度で実際に遊んだことはないのですが…。 そんなわけで本作を原作ファンがどう思うのかは分かりませんが、そうでない人は正直無理して観るレベルの作品ではないな…というのが正直なところです。 よくあるゲームのB級実写化作品の域は出ていないというか…。 元が格闘ゲームなだけに、格闘アクションはかなり頑張って作られていますが逆に言うとそれ以外の要素はかなり薄い…。 ストーリーなんてコロコロコミックの漫画かっていうくらい単純です。 主人公も妙に地味で魅力に欠けますし。 でもそんな中で最大の見所が、真田広之さん、浅野忠信さんの日本人キャスト二名。 日本人的にはこのお二人がメイン級の役柄で素晴らしいアクション、演技を披露されているところがとても熱くなれます。 特に真田広之さんは役柄的にも存在感でも完全に主人公を喰ってしまっていて、劇中で一番オーラがあってカッコ良かった。 アクションのキレも素晴らしいです。 やはりハリウッドで日本人俳優がメイン級で目立っていると、日本人的には嬉しいですね。 ……… 正直この感じだと続編は厳しそうですが、日本人の役者さんの活躍を拝むためだけに観るのもアリだと思います。

  • 石河 拓

    2.0

    真田さんの一点

    本来ストーリー性の薄いゲームに 無理矢理ストーリーを持たせた自主制作映画のテンプレのような話運び。 アクションシーンも、ゲームでクオリティの高いCGで描いていたフィニッシュを 実写プラスCGで描くという、あまり映画化のプラスを感じられない物になっている印象でした。 真田さんの大活躍シーンは単なるやられキャラじゃなくしっかりカッコよく 日本人として嬉しいですが それだけで見る価値はあるが、それしか見る価値が無いところ。 全体的に真田さんしか印象に残らない映画でした。

  • ANAKIN

    1.0

    ネタバレふざけるなぁぁぁぁぁぁ!!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/6 ページ中