ここから本文です

上映中

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング (2019)

TRUE HISTORY OF THE KELLY GANG

監督
ジャスティン・カーゼル
  • みたいムービー 31
  • みたログ 23

3.47 / 評価:15件

解説

19世紀のオーストラリアに実在した伝説的反逆者、ネッド・ケリーの実像に迫るピーター・ケアリーのブッカー賞受賞小説を映画化。現状を打破しようともがく若者が、権力と差別に立ち向かっていく。監督は『アサシン クリード』などのジャスティン・カーゼル。主人公を『1917 命をかけた伝令』などのジョージ・マッケイが演じ、『トールキン 旅のはじまり』などのニコラス・ホルト、オスカー俳優ラッセル・クロウのほか、チャーリー・ハナム、エシー・デイヴィス、ショーン・キーナンらが共演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

19世紀のオーストラリア。ネッド・ケリーはアイルランド移民の家庭に生まれるが、幼くして父を亡くし、貧しい生活のため母エレン(エシー・デイヴィス)はケリーを山賊のハリー・パワー(ラッセル・クロウ)に売る。やがて成長したネッド(ジョージ・マッケイ)は家族の元に帰るが、横暴な警察などが言い掛かりをつけて挑発し、彼や家族を投獄しようとする。家族や仲間への理不尽な仕打ち、権力者の横暴な振る舞いを目の当たりにしたネッドは、弟や仲間たちと共に「ケリー・ギャング」を結成し、国中にその名を知られる反逆者となっていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ