2021年7月22日公開

劇場版『Gのレコンギスタ III』「宇宙からの遺産」

1042021年7月22日公開
劇場版『Gのレコンギスタ III』「宇宙からの遺産」
3.7

/ 76

32%
28%
26%
8%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(18件)


  • drm********

    2.0

    世代はついていけているか?

    ファーストガンダム世代としては情報量の洪水についていけなくなっている。 これが後2作もあると思うとやや憂鬱。 もはや何がどうなろうとどうでも良いかも。 多様な勢力があるのはわかるが、あまり魅力的に見えない。 モビルスーツも特筆するものがないのは年取ったせいか‥ 後半の展開でようやくワクワクできたが。 それでも続きが観たくなるほどの訴求力は感じられなかったなぁ。

  • ヒューズ 平型

    2.0

    これは、つまらない(笑)

    キャラもMSも世界観もデザインは凄く好きだ。 でも話はとんでもなくつまらないな。

  • kas********

    1.0

    このガンダムは

    モビルスーツを使った学校行事なのか? 戦争してる緊張感や悲壮感や絶望感が無い。 ユルいBGMやこのシチュエーション(偽善デブリ掃除とか…)要るのか?ストーリー的にとか思っちゃう。 監督が大嫌いな「進撃の巨人」を観すぎている自分は心が荒んでしまっているのだろうか? おまけにドリカムEDの「逃げ恥」テイストは【とりあえず踊って戦争の遺恨はチャラにしようぜ!】って感じでひたすら軽薄だ。 大きなお友達向けではないにしても小さなお友達すら失笑するユルさ。

  • 宮崎是彰

    3.0

    説明臭い?

    いちいち台詞が多く、それいるか?というシーンも多い作品です。 かなり見やすくなり、迫力十分ですが、全体的に説明口調で突飛な解決、解釈な気もして十分に納得しきれません。 魅力的な世界観は見えてきた気がしますが、やはり納得しがたいかなと思います。

  • mik********

    4.0

    中盤戦でも見せ場たっぷりの104分

    「1」の顔見せ程度、「2」の闘いへの序曲、「3」は、宇宙での闘いに移り、主人公の成長とGセルフの進化という中盤戦としては戦闘重視の構成しており、意外にもちょっとロマンスシーンもあり、エンディングのダンスシーンも見せ場たっぷりの104分でした。

  • par********

    2.0

    地球人は戦争以外できないのかぁぁぁ!

    クリムのナイス?な作戦に明らかに馬鹿にしているように褒めておるけど……気付いていなのでは(´-ω-`)ついにこの間まで殺り合った者同士の共闘戦は燃えるね!スペースコロニー…ニュータイプ…ようやく、ガンダムらしい専門用語は出てきたけど、肝心の『ガンダムの名前』が出ないの∀と同じように危険視扱いされいるのかな?アリーダとベルリの秘密が明らかに……初恋の人が実の姉と知り、自分が天才だからとGセルフを使いこなせると思っていたけど、そもそも自分たち専用機だったという衝撃の事実を知ったら流石にベルリでも発狂するわ(^ω^;)ようやく、ラライアが正気を取り戻したけど……他のキャラの個性が強過ぎてまともなキャラがこの子しかいないと思えてくるわ(つд⊂)

  • Multiverse

    5.0

    朝早い

    途中、寝た。 宇宙世紀からつながる物語を新しい画で、観れるのは、嬉しいね。

  • cri********

    3.0

    ネタバレ爽快感はさらに増したが・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Itaru

    3.0

    ネタバレ劇場版でも難しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ドクター眠眠

    4.0

    5部作鑑賞の幸せ、化粧直しの総集編の不幸

    コロナで公開が遅れに遅れて、閃光のハサウェイの陰に隠れてGのレコンギスタの第三章上映が始まった。初日だったが、池袋の劇場にはほとんど観客がいなかった。寂しすぎる。個人的にはファースト・ガンダムの次に好きなガンダムなので、全5部作という贅沢な総集編をやり遂げてほしい(リアルロボとスーパーロボの中間的な立ち位置のGセルフがお気に入り)。 第三章、宇宙からの遺産の本編の感想を言うと、ゴチャゴチャしすぎてつまらなかった。正直、もう少し総集編から、Zガンダム新訳版のように一歩前にでてほしかった。ほんの少し新作カットもほとんど魅力がない。 でも、富野演出の素晴らしさを、閃光のハサウェイ鑑賞後だと、再認識させられる。すべてのキャラクターが好き勝手に動いている。ドキュメンタリーのようだ。情報量の多さが、その演出から伝わってくるが、もう少し、整理してわかりやすくしてほしいとは別の意味で思う。スタートレック化しているいうか、小学生が見てわかるつくりでない。Zガンダムのような、いろいろな勢力を出しすぎて、きちんと棲み分けしないと、ガンダム用語に慣れた人のための蛸壺になってしまってる。元気のGをキーワードにしているのだから、その元気さを感じるが絵作り生かして、わかりやすさが、もっと、もっと欲しい。GのレコンギスタはTV放映時から賛否両論で岡田斗司夫のような否定的な意見も少なくないGのレコンギスタ・ガンダムの再評価されるいいチャンスだとおもんだが、この劇場版総集編こそが。 ここまで書いて思った。富野監督って、逆襲のシャアしか、完全オリジナルの劇場版がない。F91もTVの1クールみたいな内容、悪く言えば総集編。あとはターンA総集編2部作。パチンコ屋のためのZガンダム継ぎはぎ、絵のタッチ違いすぎる3部作。あと3年ぐらいしかインタビューで監督が言ってるの現場で頑張れないというのに。これが遺作で悲しい。完全、好き勝手完全オリジナル映画を作ってほしいよ。

  • mut********

    5.0

    これぞ、富野ガンダム

    これぞ、富野ガンダムと言う映画だと思います。 閃光のハサウェイも良いけれど、本家はやはり良いです。 なにを言っているのか分かりにくい、けど、かっこいい富野台詞もすばらしい。 富野監督は映倫やそれを支持する世論を映画祭などで厳しく批判していますが、そのせいか映倫のCMが無かったような?

  • ais

    1.0

    上映館少なっ!

    たまたま8月のファーストデーに映画を観ようかと某予約サイトをチェックしていたらレコンギスタの第三章が上映開始していることに気づく。 公開初日当日で席が取れないかも、と思ったが、まず公開初日なのに予約しようと思ったシネコンで2回しか上映していないことに驚く。しかもそれほど席数の多くないスクリーンで、入場特典も1回目で配布終了とサイトには告知されていた(ベルリのポストカードっぽいのは貰えた)。1回目は間に合わず、18:35の2回目で予約しようとすると、15:00頃で2席くらいしか予約されておらず、真ん中後ろ目の席を難なく予約できた。緊急事態宣言下でもあるが、結局、客入りは数える程だった。翌日土曜日もこのシネコンで2回の上映になっているが、初日よりも小さいスクリーンになる。 まあ宣伝も少なければ話題性もさほどなく、あくまでも新作カット追加はあっても所詮テレビシリーズを再編集した総集編。しかも前編2作を観ていてナンボだから一見さんはお断り。前編2作も上映館が少なかったが、緊急事態宣言下でさらに縮小上映されたように思う。閃ハサと比べると何処か寂しさを感じたが、そもそもレコンギスタ自体、賛否両論で否定的な意見も少なくないガンダム。劇場版総集編を制作されること自体、驚きでもあった。 内容は良くも悪くも総集編。途中から始まり途中で終わる。前作を観ていたからと言って今作がきちんと理解できるかと言えばなかなか難しい。一応、主人公側を中心として、どの勢力、どの人間が味方なのか敵なのか目まぐるしく変化し、ここらへんを整理しながら観る事になるが、まあ訳が分からない。ここらへんがレコンギスタの妙味なのかもしれないが、もっとわかりやすく作劇できなかったのか。劇場版総集編になってテレビシリーズよりわかりやすくなった、という意見が散見されるが、理解に努めようとしないでもスーッと理解できるようでなければ意味が無い。富野御大はこの内容でお子さんに観てほしい、と話していたが、大人でも難解なものを子供が理解できるものなのか。独特なセンスの言い回しやネーミングセンスもレコンギスタではもはや痛さしか感じられず、ダンバインやイデオン、逆シャアなどで見られたキレがない。富野御大の最後になるかもしれない作品だからこそ映画館に足を運んでいるが、この作品にそれ以上の価値は個人的にない。寂しい限りだ。

  • エハエハ

    5.0

    とても濃いです

    宇宙の勢力が加わって、三つ巴だったり、敵と手を組んだり、敵同士に組もうとしてたり、会話で説明していくので聞き流すとついていけません。天才とマスクにロックパイも加わって戦闘がとてもうるさ・・賑やかになりました。1,2に比べると見た後倍くらい疲れました。ラライヤが正気に戻ってよかったです。

  • spr********

    4.0

    不人気が信じられないほど面白い

    情報量が多く、1回目の視聴では終盤がよくえわからず、とりあえず金星行くんだなってのが分かったくらいです。しかしMS戦闘シーンがかっこよく、それなりに楽しめました。2回目視聴してようやく物語の筋やキャラクターの台詞の意味が理解でき、特に中盤の主人公の葛藤や主人公姉弟の和解シーンが心に残りました。なんで不人気なのか分からないほど普通に面白い映画です。(細田守作品や戦隊ものの上映期間と被ったから?) ただ、できれば4DXやドルビーATOMSに対応してほしかった。MSの戦闘シーンは4DXやATOMSと相性がよいと閃光のハサウェイで気づいたので、そこが唯一残念です

  • のぶポン

    5.0

    復習はしておいた方がいいよ

    IIのときはIを復習しなくても大丈夫でしたが、さすがにIIIともなるとIIだけでも復習しておいた方が良い、と思いましたf(^_^; テレビよりわかりやすくなっている部分はあります。でも、やっぱり今回の話のあたりから、わからない、ついていけない部分が出てきました。 大聖堂からノートードレッド艦隊との戦闘に出て、また大聖堂に戻ってからの皆の会話や、月に向かおうと思ったきっかけや、金星に向かおうと思ったきっかけ、クンパ大佐がメガファウナに潜入したこと等々。 まあ、TV版を見返すかBlu-rayが出たら繰り返し観て理解しようと思います。 新規の作画の箇所は何となくわかります。ただ、新規じゃなく既存の作画で「この絵、直してないんだ」って思うところも… 色々書きましたが、今回も楽しかったです。

  • sqf********

    4.0

    富野さんのしたかったこと

    映画初見勢なので、展開の速さについていけず。ただ、本線(アムロ、シャア)とは違う、昭和活劇の風情はあじわった。

  • ミュウタロウ

    5.0

    1から勢いが止まらない

    面白いものを魅せる気迫を感じられます。 感じてしまった私は涙腺崩壊してしまいました。 富野演出の神髄を楽しめます。

  • ふぁるむ

    5.0

    ネタバレおもしろい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中