ここから本文です

上映中

MINAMATA―ミナマタ― (2020)

MINAMATA

監督
アンドリュー・レヴィタス
  • みたいムービー 467
  • みたログ 925

4.30 / 評価:791件

心に力強く訴えかけて魂が震える作品

  • bat***** さん
  • 2021年10月13日 22時50分
  • 閲覧数 843
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品はアメリカの報道カメラマン、ウィリアム・ユージン・スミス氏によって、水俣病患者とその家族たちの日常を映し出されていて、彼らの苦しみ、怒りを映像を通して世の中に知らしめた真実の物語となっていた。

「水俣病」・・・この病気の名前は幼い頃から頭の片隅に小さく、うっすらと記憶している。
隅にテレビで訴訟デモをしている様子など目にしたこともある。
しかし、この作品を見るまでこの病の原因が何か、訴訟を起こしている相手は何処なのか、全然知らなかった。
この日本で起きた公害問題に対して、アメリカ人である報道カメラマンの写真から世界に公表され、動かなかった山を動かし、長年公害で苦しんでいた人達の訴えがようやく聞き入れられたという結果に感動を覚えるという同時に、複雑な気持ちにもなった。
しかしながら、ウィリアムが撮った「水俣病」の患者とその家族たちの記録写真は、悲しみや苦しみだけでは無く、命の尊さや深い愛情も映し出していた。
その芸術作品のような彼の写真は、人の心に響いたに違いないと思えた。

ある母親が病の娘を優しく抱えて入浴させている写真からは溢れ出る慈愛を感じ、目頭が熱くなった。
人々の心に深く刺さる写真を撮るウィリアム。水俣に来るべくして来た運命を感じずにはいられなかった。
エンドロールで映し出された世界中の様々な痛みは、強く訴えるメッセージを与えた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ