ここから本文です

上映中

空白 (2021)

監督
吉田恵輔
  • みたいムービー 551
  • みたログ 1,144

4.16 / 評価:961件

心は時間が経つのを待つしかない

  • Hol_**** さん
  • 2021年9月23日 23時54分
  • 役立ち度 58
    • 総合評価
    • ★★★★★

例えば。
人間の肌に大きな傷がついたとき、その傷はすぐに接着し再生へ向かうわけではない。
傷の周りには炎症ができ、痛みがあり、膿が出て熱も出る。
やがて、かさぶたで傷がふさがり、綺麗な形では無いが新しい皮膚がまた再生していく。。

そういう内容の映画だった。
1人の人間の死という大きな傷が与えられた時、それを取り巻く人々はすぐに折り合いをつけて生きていける訳ではない。
変えがたい痛みに直面した遺族の怒りが、理不尽な振る舞いとして炎症のように周囲へ広がる。
視聴者の目を引くために、膿のようにわいて出る醜いマスコミの報道。
それは、どうする事もできない。ただ、時間が経ち、忘れられ、心の中でさざなみ立った水面が平らに静止するまで待つしかない。

映画終盤で、親父は娘が生前やっていたように絵を描き始める。何気ないシーン。けれど、彼がようやく再生に向かい始めた事が分かりとても泣けた。

ちょっとあぶないパートのおばさん、モンペと化した親父、どうしようもないほど醜悪なマスコミ、学校。
人間の嫌な部分が目立つ中で、漁師としての親父の弟子であるチャラ男君は、視聴者としてとても救われる人物だったのも印象的だった。
彼は今後、きっと親父の心の支えとして半ば息子のような存在になっていくのかなと思えた。
そして何の違和感も無かった故、レビューを締めくくるまで気付かなかったけれど俳優の演技も皆素晴らしかった。

非常におもしろかった。いい映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ