ここから本文です

ペテロの帰り道 (2021)

監督
オカモトナオキ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 1

未評価

解説

幼いころに父親を亡くした少女の葛藤を、雑誌や舞台などで活動する吉田あかり主演で描く青春ドラマ。友達の少ない少女がさまざまな人との出会いによって成長していく。共演は東大や『劇場版 現代怪奇百物語 壱之章』などの遊上なばな、『シオリノインム』などの武田一馬、中村ゆうじ、岡田結実など。監督をオカモトナオキが務める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

通信制の高校で学ぶ水華(吉田あかり)は、幼少時に父親を亡くしていた。ある日、水華は自分を「神様」だと名乗るおじさん(東大)に出会う。水華はそれを信じているわけではないが、ときどき不思議な出来事に遭遇するようになる。同じころ、弓香(遊上なばな)という年上の友達もでき、おじさんや弓香と過ごすうちに水華の心は少しずつ変化していく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ