2021年11月19日公開

劇場版アルゴナビス 流星のオブリガート

892021年11月19日公開
劇場版アルゴナビス 流星のオブリガート
3.7

/ 10

40%
30%
10%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

七星蓮は函館の大学に通うシャイな青年。幼少期に見たライブの熱狂が心に焼き付き、その正体を探し続けていた。ある日、バンドのボーカルを探していた同じ大学の五稜結人と的場航海は、カラオケで歌う蓮の歌声に衝撃を受ける。札幌の実力派バンド「GYROAXIA」のボーカル・旭那由多も蓮の歌を意識するようになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(4件)

かっこいい25.0%泣ける25.0%楽しい25.0%コミカル12.5%切ない12.5%

  • 過度な相談×

    3.0

    だんだん退屈になって来ます…

    あくまで総集編です。前半は勢いがありますが後半はイマイチです。入場特典目当てで5回連続鑑賞しましたが、観客は5回とも私だけでした。 2021年11月24.25日 貸切状態にて鑑賞

  • mie********

    4.0

    入口と思い出に

    メディアミックスのアルゴナビスプロジェクトについて詳しく知らない人には、入口として手軽に入りやすい仕上がり。既存のファンにとっては、思い出をまとめてスクリーンで味わえる上、これからへの期待が高まるまとめになっている。バンドが人生を彩る青春群像劇。

  • mad********

    1.0

    総集編と分かっていれば見に行かなかった

    よく調べなかった自分が悪いのですが やっている事はテレビ版のダイジェストに一言二言セリフを追加しただけ 映画の料金と交通費と休日の午前が無駄になりました がっかりです

  • 5.0

    はじまりの物語

    劇場版にして、TVアニメの総集編。アルゴナビスというバンドの結成の話です。 TVアニメ版もとても面白く観てましたが、それをぎゅっとまとめた内容。 要点がまとまっていて、はじめて見る方でも楽しめると思います。 間にちょこちょこ描写を補完・情報を補足するような新規カットもあったため こういう映画でありがちな、視聴済みだと新規パートまでは退屈…というようなこともなく、TVアニメ視聴済みでも楽しく観られました。 過去の描写が増えてたのがうれしいですね。 全編再アフレコによって演技もかなり変わっていたので、キャラによってはけっこう印象が変わるんじゃないかと思いました。 本編90分弱でしたが、演奏シーンは1コーラス全部使ってもよかったのでは…と思いました。使っても延びるの10分くらいでは… 音楽がとっても良くて、どの曲も素晴らしいので、映画館の音響で聴けるのが嬉しく、そしてもっとたっぷり聴きたかったです。 UNISON SQUARE GARDENの田淵さんが作曲されたOP「きっと僕らは」は、新しいOP映像とともにたっぷり聴けました。 バンドリシリーズはとにかくライブがすごい迫力で、魅力の本質なので、 「きっと僕らは」もライブで聴けるのが楽しみです。 今後の物語、そしてシリーズの展開も楽しみです。 バンドリみたいなシネマライブも観たいし、 あと舞台がものすごくレベル高かったのでリアルバンドによる実写作品とかもやってほしいなー。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


監督

音楽

製作総指揮
伊藤昌弘七星蓮
日向大輔五稜結人
前田誠二的場航海
森嶋秀太桔梗凛生
橋本祥平白石万浬
小笠原仁旭那由多
橋本真一里塚賢汰
真野拓実美園礼音
宮内告典界川深幸
宮内敦士八甲田健三(マスター)
佐藤拓也摩周慎太郎
谷山紀章伊龍恒河

基本情報


タイトル
劇場版アルゴナビス 流星のオブリガート

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル