ここから本文です

上映中

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ (2021)

VENOM: LET THERE BE CARNAGE

監督
アンディ・サーキス
  • みたいムービー 428
  • みたログ 1,391

3.49 / 評価:1097件

最後にスパイダーマンの世界線とミックスす

  • ara******** さん
  • 2021年11月28日 22時25分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アメリカで不評のヴェノム2
ですが大ヒットしています。それはなぜか?
3つの点から独自解説いたします。

1つ目(不評の点)
映像の派手さは1には負けています。
バトルシーンも1に負けています。
あのカーネイジがでたのにこれ?思ってたのと違う。という意見が多い
カーネイジといえばヴェノムがスパイダーマンと共闘するレベルで強いヴィラン
そのカーネイジが登場したのになんだよこれFxxK(クソッタレ)という意見が多いですね。

2つ目(その原因)
なぜなら、こちらのヴェノム2は全年齢向けに変更されました。
ここがアメリカ人たちの最も不満な点でした。おそらく日本でもそうなるでしょう。全年齢向けに作り直されたためカットされた点がかなりあり、ストーリーは大味で、セリフ演出などコミカルにコメディタッチ多めになっています。
特報段階では、ヴェノム1と同様PG-13で公開予定されていました。
全年齢向けなので血やグロシーンなど激しいものは一切ありません。
ヴェノムの良さは激しいバトルとグロ描写おおいダークなバトルだ!という人たちからは大不評です。

3つめ(スパイダーマンとのコラボミックスが実現)
ラストシーンのあとにちょいエンドクレジットが入ったあとに
おまけシーンがあります。今回そこが殆どのヴェノム2視聴後のファンの中での話題を締めておりというか、ヴェノム2ではそこが一番大事なシーンになっています。
トム・ハーディがバカンスを楽しむホテル内で映画をみていると、ヴェノムがとても興味深いことを話します。トム・ハーディが は? っていうセリフを言ったあとべべべビビビンゴゴゴってなります。すると居た場所が変わってないんですけど変わっており見ていた映画はニュースに切り替わります。
そこにはトム・ホランドのスパイダーマンが。ヴェノムがトム・ホランドの顔をベロでぺろりとなめると映画は終わります。そしてエンドクレジットへ。

はてさて。どうなることやら

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ