ここから本文です

2021年8月13日公開 先行上映中

東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート (2020)

監督
青山真也
  • みたいムービー 12
  • みたログ 2

5.00 / 評価:2件

解説

東京オリンピックと国立競技場の建て替えのために取り壊された団地で暮らしていた人々を追ったドキュメンタリー。2014年から2017年までの撮影を通して、住み慣れた場所から移転を強いられ、オリンピックに翻弄(ほんろう)された都営霞ヶ丘アパートの住民たちを映し出す。監督と撮影などを青山真也が手掛け、音楽を『花束みたいな恋をした』などの大友良英が担当。東京ドキュメンタリー映画祭2020特別賞を受賞した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1964年のオリンピック開発の一環として国立競技場の隣に建設された都営霞ヶ丘アパートは、住民の平均年齢が65歳以上の高齢者団地になっていた。単身者が多数を占める住民たちは、お互い助け合いながら生活していた。2012年7月、そんな住民たちのところに、東京都から突然「移転のお願い」が届く。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ