レビュー一覧に戻る
ONODA 一万夜を越えて
2021年10月8日公開

ONODA 一万夜を越えて

ONODA/ONODA, 10 000 NUITS DANS LA JUNGLE/ONODA: 10,000 NIGHTS IN THE JUNGLE

1742021年10月8日公開

per********

4.0

誇り高き名草戸畔の子孫

正直、観ているのが辛い作品でした。どんな反戦映画よりも戦争の悲惨さを訴えかけて来るようでした。作品の内容は一部史実を映画用に改変した部分がありますが、30年という時の経過を飽きさせずに上手くまとめてあると感じました。 ルバング島で潜伏中の小野田さんの行動にはその真偽を含め賛否あるようですが、個人的に小野田さんの真価はその後のブラジルでの牧場経営と、のべ2万人に上る子供たちの教育にあると思っています。 実は昔、小野田さんの自然塾に参加した事があります。中には辛くて泣いてしまう子もいましたが、小野田さんはその子を立たせて両腕をしっかりと掴み、自分は膝をついて下から目線で懸命に励ましていました。私達にとってはそんな普通に優しいおじさんでしたが、これほど過酷な体験をした人だとは当時は思いもよりませんでした。 小野田家には代々、名草戸畔(なぐさとべ・神武東征に徹底抗戦した紀伊地方の首長)の子孫であるという口伝が受け継がれて来たそうです。小野田さんの不撓不屈の精神は遺伝子のなせる業なのかも知れませんね。

閲覧数688