2021年8月27日公開

オールド

OLD

1082021年8月27日公開
オールド
3.5

/ 1,097

14%
42%
33%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(275件)


  • tas********

    4.0

    ネタバレ設定は強引だけど面白かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mif********

    3.0

    ネタバレもう少し長く、もう少し辻褄合わせて

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • シネマバカ一代。

    3.0

    不可解だけど発想が良かった。

    訪れたビーチの時間経過が早いと、まるでドラゴンボールの精神と時の部屋よろしくな場所から出られなくなる旅行者一行。 なぜそんなことが起こるかなんて超常現象でええがな。発想が良かった。これ逆行して幼くなっていくパターンも作れるんじゃないか。

  • unm********

    4.0

    ネタバレ親子の役割の逆転

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Cakewalk

    3.0

    LOSTのような

    海外ドラマのLOSTを思い出したな。 不思議な空間の世界観が似てる。 ラストの展開はわりと好きかな。

  • tsu********

    3.0

    ネタバレ面白かったけどなぁ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 1048

    3.0

    シャマランらしい

    凄く盛り上がる感じじゃないが 最後のネタバレで一気に なるほどー ってなる作品。 個人的には星4まではつけれないが 非常にアイディアは良かったとは思う。

  • kes********

    3.0

    ネタバレやっぱり無責任な作り方!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nnq********

    3.0

    ネタバレシャマランならでは。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ron********

    4.0

    ファンタジー…だが一応答えが用意されている

    ここ最近は良作と呼べる作品を連発し、一時期低迷していたキャリアを完全に建て直したといって良いシャマラン監督による最新作。 今回は入り込んだ人間が急速に歳を取ってしまう謎のビーチに閉じ込められた家族の物語です。 その設定からして、現実味のないファンタジー、寓話として受け止めるのが正解なのか?と思って見始めましたが「急速に歳を取るカラクリ」は「そういう場所なんです」で押し切る形ですが、「登場人物がなぜ、なんの目的でそこに集められたか」に関しては明確な答えがあって割と納得度が高く、シャマラン監督作にしては万人にオススメしやすい映画かと思います。 正直科学的なことや、設定や物語上の矛盾点等を指摘し始めるとキリがないタイプの作品ではあるのですが、かといってそれらが気になってつまらないかと言えば決してそんなことはなく、個人的には最後の最後まで退屈することなく一気に楽しめました。 急速に老いることの恐怖、次々起こるスリラー的な展開、笑っちゃうようなトンデモパニック… しかし最終的には少し感動するようなホッコリ展開があるのも、いつものシャマラン節。 序盤の細かいやり取りが後半で活きてくる展開も良かったですね。 やはりシャマラン監督の映画はなんだかんだツッコミつつも楽しんでしまう不思議な魅力があります。 今回も存分に楽しませて頂きました!

  • あるぱか

    4.0

    ネタバレ普通に面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sil********

    3.0

    不思議な現象の謎が解かれる

    予告編を見て知り、不思議な現象の成り行きが気になっていて、観たかった映画。 やはりネタばれ系展開なので、あまり書くことは躊躇します。ショッキングな事象が頻発するビーチ、ここでは時間が...。グロテスクなシーンはあまり無かったですね。観てスッキリ、良かった。[DVD blu-lay鑑賞 2022.4]

  • nxn********

    3.0

    まぁまぁ面白かったと思う

    ふつうに娯楽作品として楽しめるレベルだと思います。 勘違いや理解できておらず批判してる人が多いけど、まあ楽しめる作品でした。 景色も綺麗だし夏に見れば良かったな。 ちなみに錆びたナイフは時間の影響で錆びたんじゃなくてビーチに打ち上がってたホテルのナイフですよ、 医者が持ってたナイフは医者がバッグから拝借して持ってたでしょ。 そんなことすら理解できずに批判するのってどうなんだろう。

  • ちょい悪おおかみ

    2.0

    無茶苦茶ご都合主義

    何故あの場所だけ年をとるのか? 何故中年の二人はサンゴから陸に脱出できたのか もう何故だらけです 六歳の子供が急に成長しても精神年齢は六歳の筈 普通社会に出て勉強して知識を身につける それが体だけ大人になってSEXする? 海に入って逃げようとすると皆死ぬの? 何故サンゴは身を守ってくれるの? 兎に角?マークだらけの映画でした 特にエンディングに至っては完全にご都合主義 警官がすぐに動いて全員逮捕? どうしてもハッピーエンドにしたかったのか ラッパーも訳わかないままの存在でした 最初に水着を脱いで泳いだお姉さん、もうちょっと見せて欲しかった ケツだけでした(笑) ストーリーとしては面白いんだけど、突っ込みどころはかなりあります どうやってこの場所を見つけたのか 製薬会社の社長の細かい正体は? あの夫婦から人種の違う子供は産まれない 黒人とアジア人夫婦という変な設定 いろいろ雑なところがありますね おまけのメイキング映像で監督の娘をべた褒めしてたけどそんなのは要りません テーマとしては面白いんだからもうちょっと丁寧に作って欲しかった もっと欲をいえばテレビドラマ化(Netflixあたりで)長期ドラマにすればもっと面白くなったのに 映画化するには時間が足りませんでしたね 星2つです

  • はる

    5.0

    衝撃の展開そして意外なラスト

    アクションもの好きですが借りてみました。だるい展開かと思いきや衝撃の展開続きで先が気になり気が抜けない。そして衝撃のラスト。こう来るか。まさかの展開に脱帽。借りて損はしないです。是非見てほしい作品です。

  • cal

    2.0

    ネタバレ納得できない謎ばかりなのに監督ファミリーで頑張ったと言われても

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • i_d********

    3.0

    荒木飛呂彦や藤子F不二雄先生もニコニコ

    シャマランといえば、やはりシックスセンスで有名。 その後は色々紆余曲折あったが、すっかりヒッチコック先生のように自らも出演して名物映画然とした愉快さでミステリーを楽しませてくれた。 あんなトンデモワールドあるわけねえだろ!と野暮なことは置いておいて。 本当にあったらコワイな〜という実感や脱出のためのサバイバル的格闘ぶりは野生の本能をくすぶってくれました。 後味悪くなりそうなところを意外と爽やかに落とし込んでるのもグッときたので。 高評価です。 ただ腫瘍を取り除いてくれた医者が半狂乱になったからってあんな殺し方というか死なせ方するのはどうなんだとも思ったり。 ギミックだけじゃないけど、キャビンとかの映画観てたりしたら何となく予想ついちゃうのはやや衝撃度としては弱いかもな、と 冒頭のシャマランの挨拶が一番感動しました。

  • ber********

    3.0

    ネタバレ好きな系統の映画なんだけど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • le_********

    1.0

    シーンごとのぶつ切り並列つなぎだけの単調さで、美しい景色も生きてこず効果なし

    監督・脚本:M・ナイト・シャマラン、原作:ピエール・オスカル・レヴィー、フレデリック・ペータース『Sandcastle』、撮影:マイク・ジオラキス、編集:ブレット・M・リード、音楽:トレヴァー・ガレキス、主演:ガエル・ガルシア・ベルナル、2021年、108分、配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、原題:Old ガイ・キャパ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とプリスカ・キャパ(ヴィッキー・クリープス)夫婦は、娘マドックス(11歳)と息子トレント(6歳)と、南国のリゾート地を訪れる。夫婦は離婚予定であったため、家族最後の三日間をここで過ごすことにしたのである。ホテルに着くと、夫婦にはウエルカムドリンクがもてなされ、子供たちははしゃぎ回っていた。 翌日、一家は、近場に風光明媚な海岸があるとマネージャーに勧められ、ホテル側に密かに選ばれた人たちだけが行けるというプライベートビーチへと案内される。ガイ夫婦は、自分たちだけが招待されたのかと思ったが、当日マイクロバスには、他の夫妻らも乗ってきた。客を降ろすと、運転手(M・ナイト・シャマラン)は去って行った。一行が険しい岩場の間を先へと進むと、そこには雄大な砂浜が広がっていた。・・・・・・ 着想はいいが、映画としては駄作の部類に入るだろう。実はその海岸は、新薬を開発する製薬会社の実験場であり、実験台としてふさわしい病気をもっている人たちが、当人たちにもわからぬようにして、「選ばれた人々」として招待されていたのである。このからくりが明かされるのは、ラスト17分ころである。ずっと隠しに隠し、最後にどんでん返しでも狙ったつもりであろうが、それもまたストーリー展開を興ざめなものにもしてしまった。 海岸では、泳いでいた者、洞窟の中に逃げようとした者などが、ひとり、またひとりとあっさり死んでいく。そのあたりで、早口の台詞に病名などを混ぜ込ませず、実験する側の意図などと絡めて演出できなかったのだろうか。子供が急に数歳年をとるところも、理由がわからないのだから、親たちにそれなりの反応があってもいいのだが、道端に猫の死骸を見つけた程度のアクションでは、こちらに何も伝わってこない。言い争いになるシーン、刃物を振り回すシーンなどにも、そうする理由が観る側に伝わってないので、まるで通り魔が癇癪を起こした程度にしか受け止められない。 浜辺のシーンでは、たしかに美しい風景や打ち寄せる波などが織り込まれるが、肝心のストーリーは、シーンごとにぶつ切りになったものを並列つなぎさせているだけなので、単調となり、次の展開はどうなる、といった牽引力が全くなく、美しい風景を合間に挟む意味合いもほとんどない。 カメラワークに関していえば、むやみに顔のアップが多過ぎるので、目が疲れるのだ。実際に目が疲れるのではなく、アップにするだけの意味と効果がないところでも、くどくしつこくアップを連続させるので鼻につくのだ。浜辺の俯瞰などを挿入する一方で、接写とも言えるような顔のアップを連続してもいいというのなら、それば両者の対比やバランスを単純にとらえ過ぎである。親も老けていくから皺をよく見せたい?アップにしなくてもそれはわかる。 ストーリーを、映像や台詞に落とし込むことができないまま、ただリゾート地の美しい景色を挿入させただけに終わってしまった。メリハリもエンタメ性もないまま終わってしまった。 こういう映画は、感じるのが大切らしいが、感じるものさえないのだから、私が不感症というならそれでけっこうだ。

  • yo1********

    1.0

    養子?

    主人公夫婦からあの息子が産まれるとは思えない。人種が違うし。 もしかしたら養子で、その説明部分を私は見逃していたのかも。 ま、兎に角、あまり面白くなかった。

1 ページ/14 ページ中