2021年7月9日公開

スティーラーズ

TWIST

922021年7月9日公開
スティーラーズ
2.6

/ 12

8%
8%
33%
33%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

女手一つで育ててくれた母と、貧しいながらも幸せな日々を送っていたオリヴァー(ラフ・ロウ)。しかし、母を亡くしてからは天涯孤独の身で、街の壁にグラフィティを描くことを唯一の心のよりどころにしていた。グラフィティを描いていたところを警察に見つかった彼は、ある男女に助けられて彼らのすみかに招かれる。そこではフェイギンという老人と身寄りのない者たちが共同生活を送り、犯罪者からの盗みで生計を立てていた。やがてオリヴァーも仲間となり、フェイギン立案の作戦に加わる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(4件)

かっこいい9.4%勇敢9.4%コミカル9.4%楽しい9.4%セクシー6.3%

  • 多分映画好きなおばさん

    3.0

    ミュージックビデオ

    TSUTAY○、DVDで鑑賞。 パルクールと音楽だけの作品。 訳あってスマホ見ながら見てました(苦笑) でも、それでも十分見れました(苦笑) というのも 音楽はスタイリッシュですが、表題の通りですよ。 多様しすぎて、あんまり演者に頼ってない。 あとはひたすらパルクール。 最初はそれがおもしろかったし、身体能力もすごかったし、カット割りも飽きない工夫もある。 音楽がゆったりになると、一緒にゆったり、ちょっとクスッと…みたいなのとか。 でもこの演出が、また音楽に合わせた感から、段々うんざりしてくる。 前に見た、私好みじゃなかった名前を聞き合う某日本アニメとおんなじ感じ。 B級感があるとはいえ、↑これが好きな人は結構好みかもね。 すごくつまんない訳ではないけど、すごく良かった感じもない。 そして、なぜか全く残らない。 失礼な事を言うので申し訳ないですが、 重たい映画の後の小休止にちょうどいい感じ。 それがすべて。 全く関係ないけど、このDVD。 本編前の最初のDVDの映画宣伝VTRがすべてB級で、お陰ですごくマシな映画に思えたのが、不思議です(笑) これがお前らのやり方か~。 まぁ、たまに動画にはない、こういうの見れるから、レンタルも嫌いじゃないのよね(笑)

  • ちょい悪おおかみ

    2.0

    ただパルクールをやりたいだけ

    逃げるのにパルクールは必要ない くるくる回ってれば余計に体力使うし無駄な動き 昔の原作を現代に置き換えたのは別に良いとして 窃盗団なのか、贋作一味なのか、単なる復讐か? そこが曖昧!LGBTでレズが出てくるけど必要か? 単純なストーリーを余計にややこしくしてる ビル一面をストリートアートにしてたけどそんなにスプレー持ってなかったよね 予告編では絵画をチームで盗み出すシーンだったので借りたのだが、なんか違う 女ボスもはっきりせず、各々の人物像が薄い 続編はないと思うが、ストリートに一工夫欲しかったので星2つです

  • bel********

    4.0

    ブリテンズゴットタレントの人だ。

    敵役の画商がデヴィッド・ウォリアムス。 ブリテンズゴットタレントの人だった。 彼なら少しユーモラスに演じた方が良かったのに。 このキャラ設定は原作に忠実なのだろうか。 知らんけど。 私にとってこの映画の一番の興奮ポイントが デヴィッド・ウォリアムスだったということ。 この一点において配役は満点だ。 だが彼がユーモラスではないので演出は減点。 この映画はすごぶる躍動感がある。 演者がパルクールを取り入れているからだ。 ずいぶん前に観た「yamakasi」という 映画を思い出した。 そういえばあの頃はベッソン好きだったな。 今作のラストは、主人公はワルに染まらず、 ハッピーエンドなので好感持てます。 約1時間半と気楽に観れるので星4つで。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ21世紀のオリヴァー・ツイストはヤマカシ風

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
スティーラーズ

原題
TWIST

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日

ジャンル