ここから本文です

華のスミカ (2020)

監督
林隆太
  • みたいムービー 3
  • みたログ 5

4.33 / 評価:3件

解説

華僑4世の林隆太監督が、自らのルーツをたどるドキュメンタリー。華僑の人々に取材を重ね、中華民国と中華人民共和国との間で翻弄(ほんろう)されてきた、横浜中華街で暮らす華人の歴史にも迫っていく。林隆太が監督と企画などを担当し、プロデューサーと撮影などを直井佑樹が務める。林隆太監督の祖母である林愛玉氏、父親の林学文氏をはじめ、福建華僑2世の魏倫慶氏、広東華僑3世の潘宏生氏らが出演している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

監督の林隆太は、15歳のときに自分が華人と日本人の血を引く華僑4世だと知る。彼の曽祖父母は、1913年に福建省の福清から日本にやって来て、その子供である李孟※氏は、林愛玉氏と見合い結婚をする。二人は3人の子供に恵まれるが、孟※氏が34歳で亡くなったため、一家は親戚を頼って横浜に移り住む。3人の子供の一人で、監督の父親である学文氏は結婚を機に国籍を日本に変える。(※......金に庸)

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ