2021年9月3日公開

モンタナの目撃者

THOSE WHO WISH ME DEAD

1002021年9月3日公開
モンタナの目撃者
3.4

/ 442

11%
40%
34%
10%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(95件)


  • ひーろーかむおん

    2.0

    真のヒロインは警察官の妻の妊婦さんだな

    加齢のためか、近頃、書くのが滅法界億劫になってきたので、要点のみを記す。  あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『アメリカ、モンタナ州で森林消防隊員を務めるハンナ(アンジェリーナ・ジョリー)。  彼女は、ある山火事の際、仲間たちを死なせてしまったことから、心に深い傷を抱えていた。  そんなある日、彼女は森の中を必死に逃げまどう少年のコナー(フィン・リトル)と出会う。  フロリダで訴訟会計士をしていた彼の父親は、とある汚職事件の不正の証拠を握ったため、マフィアが放った2人組の殺し屋に追われるはめとなり、息子の目の前で惨殺されていた。  ハンナは少年を守り抜こうと決心する。』  アンジェリーナ・ジョリーの名前が見えたので観てみる。  ストーリー的には、あらすじにあるだけで付け足すものはない。  冒頭の爆破事件は結構派手派手で、以降の展開も割とテンポだけはイイので観続けていられるが、会計士がカギを握る汚職事件の内容がどんなものか全く分からないので、殺し屋に狙われる緊迫感があまり伝わってこんかった。  で、会計士の父親は、死に際にその秘密を紙っ切れに記して、もしものことがあったらマスコミに持ち込めと息子に託すのだが、今の時代ではSNSに拡散してしまえば事は足りるだろう、と思ってしまっては釈迦に説法かな……。  また、ハンナのトラウマも本筋とどう関りがあるのでもなく、以降に起こる山火事も森林消防隊員の決死の活動が何も描かれていないので、ただ、山火事が発生したというだけに過ぎなかった。  ただ、後先考えずに山火事を起こした殺し屋はド頭にきたっけがーーー!  この殺し屋どもも最初のうちは冷酷で不気味だったが、途中から素人臭さが目立ち、ニコラス・ホルトのあっさり沈没感は無残だったな。  ラスト、ハンナと共に危機を免れた少年が父親との約束を果たして汚職事件を暴露し、関わった政治家どもと高級官僚を弾劾するのかと思ったら、最後まで秘密は謎のままで終わってしまったので、溜飲も下がらず仕舞いだったワイ。  アンジーも大したアクションを繰り出すのでもなく、真のヒロインは警察官の妻の妊婦さんだな。  旦那を救出すべく颯爽と馬に跨ったり、切れのあるアクションで殺し屋とタイマン張ったりとカッコイカッタな。  この妊婦さんに免じて、観て損まではしない程度の2.4点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数243件目)

  • jts********

    3.0

    コンパクト過ぎかな

    劇場公開時に見逃していたので、ブルーレイにて観賞しました。  コンパクトでテンポも良く観ていて飽きさせないのですが、観客としてカタルシスを感じられない点が残念な気がしました。結局のところ敵方の組織が摘発されたかどうかが判らず、彼が持っていた手紙がどの様な破壊力なのかも判らず、犠牲になった人々が報われたのかどうかが描かれずスッキリしないのです。  あと主役はアンジーや保安官というより、保安官の奥さんや暗殺者二人と言っても過言ではないかも。アンジーが活躍するのはラストのバトルのみです。理不尽な組織の方針に振り回されながら、プロとして任務の達成に勤しむ殺し屋の方が感情移入できます。  と思っていたら、殺し屋の一人は「ゲーム・オブ・スローンズ」のベイリッシュ卿でした!髭が無かったから気がつかなかったのですが、なかなか殺し屋役もハマっていて良かった。個人的に助演俳優賞を差し上げたいと思います。

  • tsh********

    3.0

    ネタバレうーん、ちょっと期待外れ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rat********

    3.0

    炎の中の逃亡劇!真実は明らかに出来るのか。

    う~ん、どうなんでしょう。 ファンの人にはすみませんが、自分には、この作品あいませんでした。映画館へ行きそびれて、残念に思ってたんですが、いまではそれで良かったかなと・・・ 残虐極まりない殺し屋と、子供を守るために活躍するアンジェリーナ・ジョリー。山火事の中を無事、逃げ切ることが出来るのか? スッゴい面白そうなシチュエーションで期待してたんだけど、イマイチ引き込まれないんだよね。 テンポが悪いって感じかな。 【ネタバレ】 まず、2人組の殺し屋。容赦ない殺しっぷりにホラー大好きオヤジは、ワクワクしてたんだけど・・・なんか、弱っちいよね。悪役っぽさはピカ一なんだけど、扱いは「ホーム・アローン」の2人組みたい。やられ方もあっさり感が否めない。 せっかくのアンジェリーナ・ジョリーも、見処無かったかな。やられっぱなしって感じ。雷に打たれたり、殴られどおしだったり。挙げ句の果ては守るべき子供に助けられたりして。カッコいい女性ってイメージが見られなかった。 そして、何より作品自体の魅力が感じられなかった。所々で、中途半端感が半端ない。 殺し屋の依頼主っぽい人が出てきたけど、あのシーンだけ。結局、何をやった人? 火事のなか、妊婦の奥さんが頑張ったんだけど、重症の旦那さんはどうなっちゃったの?2人生き延びてくれって祈ってたんだけど、そんなに急がなくていいって言ったのは、助からなかったってこと?安定したってこと?はっきりしてくれ。 ラストで父親の遺志どおり、放送局のもとにいくことが出来た少年。悪事を表に出すことが出来たのか、気になってたらそのまま終わってしまった。 結局、どんな悪事を公表したくてこうなったのか?どんな悪者が控えていたのか? 一切、触れずに終わるこの作品ってどうなの?確かに本編には、直接関係ないかもしれないけど、簡単な説明くらいいれてほしかった。 結局、山火事のシーンもスゴかったんだけど、消火シーンもなく、一夜で鎮火してしまった? う~ん、やっぱり中途半端だな。

  • hir********

    4.0

    ネトフリで観たから星4つ、劇場なら星2つ

    まーったく期待しないでネトフリで観た。 予告見てもつまらなそうな匂いがプンプン。 タイトルもダサい。 アンジー出演だけがウリのB級映画。 なので超暇つぶしで観たけど、これが意外と良く出来てる。 B級だけど悪役も良い悪さだし、対抗するシェリフの奥さんも強くて爽快。 子役も上手いし、アンジーはまぁ相変わらずのアンジーだし、山林火災はオマケ以上の迫力はあったし、ネトフリでの暇つぶしにはありがたい1時間40分!←コレ大事。 殺し屋の若い方の役者さん、後で調べたらマッドマックスのニュークス役の人か! さすがに見分けがつきませんでしたw おそらく期待して劇場で観たら激おこかもしれないけど、ネトフリなので全然アリです。

  • yui********

    2.0

    金掛けてるのにね…

    アンジー主演で制作費は凄そうだけどね。 いかんせん、脚本の出来が悪いのか 最初が登場人物の心情描いてるせいで テンポが悪く、導入部分で飽きてしまう。 そして暗殺犯の二人の豪華な役者を無駄遣いに 最後まで流れの悪いままの終演へ オススメ出来ません。

  • lav********

    2.0

    イマイチ 内容はB級

    ストーリーがイマイチ。 単純な話に山火事を追加しただけ。これはあかんで。

  • レモンオレンジ

    4.0

    力作 山火事映画というよりサスペンス映画

    監督・脚本のテイラー・シェリダンは ウインド・リバーの監督でボーダーラインの脚本家。 米国での評価はかなり高いらしい。 正直ごちゃごちゃしてる部分もあってもっと流麗なサスペンス演出だと 良かったと思うけど相当な力作。 山火事が必要だったのかという気もする。 殺し屋2人の描写は秀逸。 かなりのおまけで星4つ。 山火事が起きたことで、逆に話が分散してしまったという 欠点はあるけど、いろいろと見どころあった。 まぁ面白かったです。 ただ、アンジェリーナ・ジョリーの無駄遣い感あるなとは思う。 もっと見せ場作るべきだったでしょ。 保安官夫人のまさかの活躍が見どころだったな。

  • kkk********

    3.0

    単純+迫力もなし

    サスペンス性が薄く、ドキドキ感もいまいち。アンジーの活躍は観れるものの映画としてどうなの? モンタナの目撃者は「小さな目撃者」意識してのタイトル?

  • sss

    2.0

    面白くない

    行動、展開、表現が少し不自然。 少しイライラ。 /3.0(202203)

  • hik********

    2.0

    テイラー・シェリダンのキレはどこへ行った?

    実に勿体なかった映画です。 本作、とにかくあらゆる意味でバランスが悪いです。 暗殺者と山火事、を大きなポイントとしている作品ですが、はっきり言ってこれは失敗しています。 ストーリー内で、双方がまるで噛み合っておらず、結果としてただアンバランスなだけに終わってしまっています。 トラウマを持つ女性主人公×命を狙われている少年も、完全に掘り下げ不足で、 おまけに保安官夫妻の異様な活躍ぶりが更に全体のバランスを乱しており、とても107分の短さでは描ききれていません。 これなら、例えば人喰いワニ×大災害の「クロール 凶暴領域」や、大洪水×クライムアクションの「フラッド」の方が、 よっぽど別ジャンル同士を相乗して功を奏していた良い例だったと思います。 途中まではそれなりには面白く、銃撃戦の描写も見応えがありましたが、結果として雑なだけのB級映画に終わってしまいました。 シェリダン監督の、あの「ウィンド・リバー」の時の見事なキレは何処へ行ってしまったのか。

  • him********

    3.0

    ネタバレ見当つかん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • exc********

    4.0

    モンタナの目撃者

    スッピンに近いアンジーで子供を守る 勇ましいキャラでしたので新鮮でした。まだまだ頑張って活躍して欲しい。

  • buf********

    3.0

    俺も

    (´・ω・`)ジョリーの養子になりたい

  • tks********

    3.0

    展開が自然なのが良い

    意外と骨太。それと展開が自然。よくありがちな、そんな展開あり得ない、という要素が比較的排除されているように感じた。

  • ムービークリニック

    3.0

    ネタバレほし みっつ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ちょい悪おおかみ

    3.0

    別にアンジーじゃなくても

    炎と闘う消防士の話じゃなかった 間抜けな殺し屋二人と火の中逃げ回るだけ しかも金づちで殺し屋を殺す?あり得ない そもそもアンジーがガリガリでとても消防士には見えないし、彼女は殆どモブみたいなもの 一番の主役はひとりで活躍する妊婦でしょ 旦那の警官も最後どうなったかわからないし、大物の黒人悪役も、何も解決していない 消防隊は彼女ひとりみたいに山火事起きても誰も消火活動しないし、いろいろ突っ込みどころ満載 山火事は流石にCGだろうけど、これはアンジーの名前を出して置けば興行収入見込めると思ったか そんなに彼女はアクションしてません だからストーリーがちぐはぐ PTSDを抱えてる割には冒頭酒飲んだり、ふざけたり無駄なシーンが多すぎる 唯一の救いは上映時間が短い事 予告編視たときは面白そうだったのに これはアンジェリーナジョリー主演じゃなくても良かったのかな そこそこカネはかかってるので星3つ

  • たまごロール

    2.0

    こんとん。

    何か、色々欲張って詰め込んだ挙句「とっ散らかって」しまって感動出来ません。 冒頭の消防隊のアホなやり取りや悪役のボスの場面は貴重な尺の無駄使い。 アンジーの火消し屋の設定も山火事も結局全然関係ないし(苦笑)。 (ちなみに山火事は最後10分間だけです) 物語が進むにつれ悪役二人がどんどん間抜けになりだんだん怖くなくなってしまい、最後はまるで「ホームアローン」かい?と突っ込みたくなりました。 DVDのオマケのメイキングを見ると「え?そういう意図なん?」となおさら混沌としてきます。 安っぽい邦題もポスターもダサい上、物語の主題がボヤケてしまい残念です。 見どころは、妊婦さんのたくましさ。母は強し。ところで旦那さんは死んでるのでしょうか?何だかハッキリしませんが、致命的なのは物語の発端となっている「知ってはならない情報」が何なのかサッパリわからないこと。あんなにやたら派手に人をあやめるほどの大変な情報のはずなのに、最後までどうなったのかわからないです。せめて途中でチラと顔出した悪役のボスさんが逮捕される場面くらいないと・・・

  • npp********

    3.0

    ネタバレ殺し屋と自然災害から逃げる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kay********

    2.0

    期待はずれでした

    アンジェリーナジョリー主演だし評価も良かったのでDVDレンタルで鑑賞。 山火事に立ち向かうチームの活躍かと思いきやストーリーはまったく違う展開に、しかもよく分からない展開に。 期待しすぎなのかちょっと残念。

1 ページ/5 ページ中