2021年11月19日公開

土竜の唄 FINAL

1282021年11月19日公開
土竜の唄 FINAL
3.3

/ 263

17%
28%
35%
8%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(46件)


  • bel********

    4.0

    ギラギラしたバカ

    原作が現実離れしすぎていて そもそも実写化するのは無理がある。 それなのに3作も続いたとは・・。 内容は陳腐です。 物語に期待しちゃいけない。 潜入捜査官(モグラ)が悪の親玉・轟を 現行犯逮捕できれば終了。 そこに至るまでのドタバタを描いた話。 ただそれだけ。 今作の冒頭は映画の世界観の紹介と 過去2作の紹介に時間を割いた。 そこはすごく丁寧だったと思う。 ジャスティストリオを褒めてやりたい。 轟レオとの対峙も素晴らしいし、 中盤から終盤の流れるような展開。 あっという間にラストだった。 仲里依紗さんが相変わらず魅力的で、 彼女はいつまでも若いなあと。 エンディングの曲も映画と合っていて とても素晴らしいおバカ映画でした。 ただし原作ファン以外にはお薦めできない。

  • ムービークリニック

    3.0

    ほし みっつ

    3作目にしてついにファイナル。ヤングサンデー連載の漫画である。外伝含めまだ連載されてる大人気作のようです。原作は読んだことはありません。 こういうおちゃらけギャグは楽しくて好きです。例えば麻薬犯罪現場の会話を録音したい時に大っぴらスマホ出すと怪しまれるから、ポケット内でアプリの位置記憶を頼りに操作。お前あそこ痒いのかと突っ込まれ、結末はエロアプリを操作してしまう。エロ音声が響き渡る。 こんなノリで進む物語。 ギャグと対比する、シリアスな反社組織への潜入捜査シーン。好みで韓流でよく見る重ーい潜入刑事映画と違って、とにかく笑えます。 さあ今回はファイナル。 潜入捜査の結末を見せなければならない。この映画の醍醐味は、潜入による信用度の積み重ねと証拠固めをどう進めていくか。 兄弟分のクレイジーパピヨンや恋人の純奈。そして敵キャラたちの登場。特に3作とも出演している菜々緒演じるチャイニーズマフィアのフーフォンが抜群。リアルなカンフー攻撃からお約束のギャグ的な敗北もたまりません(笑)ナイスバディも見逃せない(笑) 今回出演のカレンさんは警察のエリート官僚役でしたが、ギャグが控えめでちょい物足りない。おちゃらけ演技も恥じらいが滲み出て苦しかったように見えます。 キャラたちの面白さは抜群ですが、やはり潜入捜査物は潜入の苦労と正体がバレそうなドキドキ感、疑いからのかわしかたや人脈の広めかた。これがないと物足りない。 ファイナルだからの結末はターゲットを追い詰めるのがメインになるのは仕方がないか。 こういう流れは3部作に伸ばすと辛い部分と言えますね。 潜入捜査の面白さを重視したければ、2作目を抜かして1作目と3作目を連続で観るのがおすすめです。真ん中は番外編的物語ですから。 小ネタの効いたサスペンスポリスアクションコメディ。楽しんで観ましょうね。バイオレンス系はお得意?の監督と脚本家ですから見応えを感じますね。 海の彼女は、ドリフの舞台コントのエンディングを彷彿させてなんか懐かしい(笑)

  • gre********

    5.0

    ネタバレシリーズ全部観たけど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ppq********

    3.0

    w

    くだらないことを一生懸命演じてて面白い。 たまに観るならこんな映画。 ただ連チャンではみたくないかなw

  • ちょい悪おおかみ

    3.0

    所詮邦画なんてこんなもん!

    原作の漫画はしっかり続いてますけど映画化はとりあえず終わりということで… まぁ邦画は漫画かアニメの実写化しか作れないからもうどうでもいいですけど 生田斗真がどんなに体張ってもやっぱり虚しい 更に岩城光一の死んだような声と演技 鈴木亮平の孤狼の血と同じ怒鳴る演技 馬鹿警察三人衆と仲里依紗のぶりっ子演技 もう完全なワンパターン、止めて正解です だからか菜々緒や岡村隆史など過去のキャストを集めてとりあえず大団円 こんなもんに宮藤官九郎が脚本書くとは! 本当に邦画の将来が心配です 頼むからもうやらないでください Ps黄色の姉ちゃん、滝沢カレンだと思わなかった てっきり中条あやみかと!

  • rne********

    3.0

    これでいいのだ

    爆笑とまではいきませんが、思わず吹き出すシーンは何度か。このシリーズ好き嫌いはわかれますが、無理にドラマを追ってシリアスにならず個々のキャラ立てに徹した作風は正解だったと思います。個人的には宮藤官九郎のカラーが強いなぁと思ってましたが、ラストの唐突なオチに『デッドオアアライブ』を思い出しました。さすが三池監督。これでいいのだ(^^)

  • カンパニー

    3.0

    楽しく観れた!

    原作に負けないくらいバカバカしくて良かった。 パピヨンとの関係が、駆け足気味に終わっていくのが勿体ない。まだ続編できる内容でした。 キャストが豪華な作品だけど、ここのレビューが意外に少ないですね。

  • bat********

    4.0

    ネタバレ笑いギャグてんこ盛りのファイナル作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • miy********

    1.0

    亮平はミスキャスト

    善人オーラが強すぎ。無理矢理演じてるのが、痛いです。あと、岩城が下手すぎなのはガッカリ。楽しい作品なのだけど。

  • jir********

    3.0

    これで最後かー

    もっと続けてほしい作品だっただけに残念です。 構えずにサクッと鑑賞できる作品なので、気分が落ち込んでいるときに観るには 最適だったんですけどね。 はっちゃけた生田君は最高でした。

  • The silk sky

    3.0

    ネタバレ下ネタオンパレ-ドもこれで最後!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • eba********

    3.0

    1.2回目を観た者にとっては感慨深い

    原作未読。レビューではイマイチだったので、期待せずに観たらまあまあ面白かったです。 しっかりオチをつけたので 1,2回を観た人にとっては感慨深いのでは。 子供受けしそうなギャグがちらほらありますが、性的な下ネタもあるので子供を連れていけず一人で観ました。 頭を空っぽにしたいときにオススメ!

  • tas********

    3.0

    中途半端というか

    アクション、笑い、泣、スケベ、愛情、どれをとっても〈もう少し〉の印象。

  • pin********

    5.0

    ふふふ

    今回はあまり笑える部分がないのかなあ?と思いながら観ていたけれど、笑いも含め全ては後半の船上の中に色々詰っていた。 なんとなく一本抜けた感じて多少の物足りなさは感じるが、それなりに楽しめた。 映画の中で洗剤の宣伝を打たれたのにはあ然!

  • mas********

    3.0

    過去作と比べると

    過去作と比べると、なんかパワーダウンしてる感が漂っていて たぶんコロナ禍の影響を受けたのだろうと思われる演出だったので コロナ禍でなければもっと面白くなっていたのかな

  • 浜のカツメサ

    3.0

    前作のが良かった。

    滝沢カレンさんのひたすら棒読みの演技があまりに酷い それでも、お色気担当だと我慢すれば ただあの重要な役にしたから最後まで 棒読みを聞かなくてはいけないのは辛い。 そのおかげで全く盛り上がらない。 後はあくまで素人より酷いかとと岩城滉一のセリフ読みもカミカミだし、前作よりも酷くなってた。 作品に関しては前作が、あまりにも良かったのでそれに全く及ばない。けど笑える箇所は結構あるしお色気もあるが ちょっと笑いたい人向けな映画ですかね。

  • higasihankyu

    4.0

    おもしろい!!!

    さすが三池監督 ばかばかしいしくだらないけどおもしろかった けど不思議と菊川かっこいいw 出てくるキャラクターみんな個性バリバリで良かったです 特に猫沢がめちゃくちゃなのに哀愁あって好き~

  • fiv********

    3.0

    期待せずに観れば気分転換にはなる!

    過去二作品を観た結果、今回はパスの予定であったがたまたま時間が合ったので期待せずに観た。 ハードルを下げきっての鑑賞だったので思ったほど酷くなかった。 それよりも、過去二作品の回想シーンが所々に挟み込まれているが、ほとんど記憶に残っていないのに驚いた。 しっかり覚えていたのは、菜々緒さんのパンティシーンだった事に我ながら言葉もない。 今作も記憶に残るのは滝沢カレンさんのあのシーンぐらいなのかも知れない。 とにかく、期待せずに観る分には気分転換にはなりそうな作品。

  • ypi********

    1.0

    3シリーズで最も最悪

    面白くなくてびっくり。長い。肝心な場面で岩城滉一の顔が映らなかったりと不自然。

  • rgu********

    4.0

    ネタバレこれで最後となるか!?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/3 ページ中