2021年10月15日公開

THE MOLE ザ・モール

THE MOLE: UNDERCOVER IN NORTH KOREA

1202021年10月15日公開
THE MOLE ザ・モール
4.0

/ 52

38%
35%
21%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

デンマークの元料理人ウルリク・ラーセンさんはコペンハーゲン出身の元麻薬密売人と組み、彼を架空の石油王に仕立てて北朝鮮に潜入する。武器や麻薬を製造し、各地へ密輸する北朝鮮の犯罪組織の中核へと、二人は長い時間をかけて近づいていく。組織の関係者らと商談を重ね、徐々に信頼を得ていった彼らは、ひそかに進められる兵器と麻薬の密造工場建設計画に深く関わっていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(11件)

勇敢18.4%不気味15.8%恐怖15.8%不思議7.9%絶望的7.9%

  • csa********

    5.0

    騙しっぷりがお見事

    ほんとうに、100%ドキュメンタリーだった。ヤラセも含まれているのでは?との心配は杞憂だった。 映画と関わる以前から、 ”自ら独りで” 諜報活動を始めていた元料理人の行動力には驚かされる。 そして役者でもないのに堂々たる存在感で出資者を演じ切った悪顔イケメン。 さらに後方からコーディネートした監督。 この3者による北朝鮮その他の騙しっぷりはお見事。 片時も目を離せなかったが笑いもあり、見終わっても全く疲れを感じない。 良質なエンタテインメントになっているのは監督の手腕ですね。 もっと上映館が広がってもおかしくないのにもったいない。 蛇足… 頭のツルッとした人が2人出てくるので、これから観る人は ・髭なしがスパイ ・髭ありが監督 という点を押さえておくことをおススメします(笑)

  • nao********

    1.0

    北朝鮮国内のルポでは無い

    北朝鮮の海外での武器輸出、外国人支援者の実態を描いたものでした。 一種のロードムービー。北朝鮮側からはバレバレレベルだったのじゃないかな? 北朝鮮大好きアレハンドロの紹介だから、一応顔を立てて話しを聞いたレベルだったように思える。緊張感がなかった。

  • koi********

    4.0

    やらせ・仕込みが無いなら凄いね

    NHK/BS1で「潜入10年:北朝鮮・武器ビジネスの闇」というタイトルで放送されているので本物のドキュメントだと思うが、やらせ・仕込みが一切ない純粋なドキュメンタリーだったら凄い映画だと思う。でも、主役のウルリクも石油王を演じたジェームズも、アレハンドロも、北朝鮮の役人もみんなカメラ慣れしているようでどうしても俳優に見えてしまった。これが本物だとして、北朝鮮ってすごい国だね。国全体が一つの有機体みたいだね。汚職なんかは蔓延しているんだろうけど、国の方針に反して陰で何かを企む組織は無いのかしらん。これだけの組織を持っているんだから、金正恩が正しくまっとうな政策を進めれば、すぐに近代化して豊かな国になるのでは?と思ったのは私だけではないでしょう。

  • 映画は2時間

    4.0

    現実は小説より奇なりとはこのこと

    デンマーク人の一般市民ウルリクが「北朝鮮友好協会」に潜入スパイを自ら進み出てからその後10年に及ぶスパイ行為のドキュメンタリー。 いやはや、現実は小説より奇なり、映画よりぶっ飛びですね。 「北朝鮮友好協会」というものの活動内容が怖すぎるし、それに群がって利益を得ようとするゲスの多い事多い事! しかしこのドキュメンタリーを観ていると細菌兵器も待ったなしなのではと現実的な恐怖感が迫ってきます。 また昔から「スパイなどの命懸けの行為をする人って何を思ってしているのだろう?」と思っていまして、その一つの回答を得たように思いました。 人の心って不思議。

  • yun********

    5.0

    これ観た私の身も危険?

    うひゃ~これは凄い。貴重な映像。 北朝鮮に抹殺暗殺確定でしょ? 音楽が何気に良かった。 TWIN配給。TWINさんは北朝鮮好きだね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
THE MOLE ザ・モール

原題
THE MOLE: UNDERCOVER IN NORTH KOREA

上映時間

製作国
ノルウェー/デンマーク/イギリス/スウェーデン

製作年度

公開日