2022年2月18日公開

グッバイ、ドン・グリーズ!

GOODBYE, DONGLEES

952022年2月18日公開
グッバイ、ドン・グリーズ!
3.4

/ 256

27%
28%
20%
11%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

東京から少し離れた田舎で生活しているロウマとトトは周りになじむことができず、二人でチーム「ドン・グリーズ」を結成する。高校1年生の夏休み、ロウマとトト、新たにドン・グリーズに加わったドロップは、山火事の犯人に仕立て上げられてしまう。3人は無実であることを証明するため、空に消えていったドローンを捜しに行く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(107件)

泣ける17.4%楽しい13.5%笑える12.3%ファンタジー10.0%切ない9.7%

  • オロロス

    1.0

    役立ち度順で読むの推奨

    クソ映画です 言いたいことは他の人が書いてました ……それにしても、 映画もひどいですが、信者もタチ悪い感じ 下コメとかなに? 予告編とか前情報を見ていかないヤツを笑う神経が理解できん そんなの観る人の自由ちゃうの? しかもこの映画のダメなとこ、予告編にのってないとこだし…… 最悪な映画には、最低な信者がいるんだと改めて知った

  • nao********

    5.0

    ボクは好きな映画。

    汚い言葉で罵ってる人達は、 こーゆー純粋な映画は合わないだけなんだろうな。 予告編とか色々と前情報あるにも関わらず見に行ってるのが笑える。 何がしたいの??コメントが滑稽すぎて笑えます。 と…どーでも良い事書いてしまった。 ボクも同類ですね。笑。

  • bic********

    1.0

    よくいえばパロディの集大成

    悪く言えば『スタンド・バイ・ミー』や『オーロラの彼方に』といった既存の名作の劣化模造品。オリジナルティは欠片もなく、すべてのシーン、セリフが、「どこかでみたような……」と思わせるものばかり。最後のオチなんてまさにそれ。この監督は、他人の創作物以外の研究書や実用書の類をどれだけ読まれてるんですかね? 一次資料にあたらず、そういった資料をもとに作られた創作物に手を出しているだけだと、いつまでたっても他人のものまねしかできませんよ。創作物とは、その作家が、多くの現実から学びとったものを、咀嚼してひねり出したものなわけで、世の中に生まれでてくるまでに削り落とされた要素がたくさんあります。その削り落とされたモノをしらず、世に出てきた氷山の一角をコピーしても、薄っぺらいものしかできませんよ?

  • りっちい

    3.0

    うーん

    中途半端。 よりもいに似てるかな?

  • man********

    2.0

    制作側の本気度が感じられない残念作

    台詞が聞き取りづらく字幕が欲しいくらいの場面が多かった。 客寄せで吹き替えに田村淳や指原莉乃を使ったんだろうが、 逆にこれが宣伝時からから制作側の本気度が無いように見せしまって興行的にも失敗している。 設定や、今の場面は主人公らが年齢いくつのときなのかなどよくわからないまま進んでしまい、ストーリー全体が分かりつらい。 アイスランドに行ってからが駆け足で伏線回収も残念。最終盤になって、ああ、そういう話だったのかと納得したが、大半の観客はすでに脱落していて積極的に見る時期を大幅に過ぎた後ではないか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


花江夏樹ロウマ(鴨川朗真)
梶裕貴トト(御手洗北斗)
村瀬歩ドロップ(佐久間雫)
花澤香菜チボリ(浦安千穂里)
指原莉乃鴨川真子

基本情報


タイトル
グッバイ、ドン・グリーズ!

原題
GOODBYE, DONGLEES

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日