上映中

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

THE FRENCH DISPATCH/THE FRENCH DISPATCH OF THE LIBERTY, KANSAS EVENING SUN

1082022年1月28日公開
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
3.6

/ 361

23%
36%
25%
8%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

20世紀フランスのとある街には、雑誌「フレンチ・ディスパッチ」の編集部があり、個性的な人々が集まっていた。国際問題はもとより、アートやファッション、美食などのユニークな記事で雑誌は人気があった。だが、ある日仕事中に編集長が急死し、彼の遺言により、フレンチ・ディスパッチ誌の廃刊が決定したため、編集者や記者たちは最終号を発行する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(94件)

コミカル13.6%楽しい12.6%笑える12.0%不思議9.6%ファンタジー8.6%

  • yok********

    3.0

    クリストフ・ヴァルツの無駄遣い

    なんで面白くないのか、考えてみた。 クリストフ•ヴァルツの無駄遣いにその答えがあった。 フランシス・マクドーマンドと恋仲になっても何の不思議もない色男の彼が、フランシスに一刀両断されてしまう醜男役。しかも遠景。 要するに、監督主役の映画だからだ。 雑誌は、編集長のもの。 映画は、監督のもの。 それが言いたいのであれば、成功作というより他なし。

  • t_y********

    5.0

    動く雑誌(豪華仕様)

    「犬が島」を観た時からウェス監督のファンの私。 私の期待を大きく上回る、豪華で完璧な作品に拍手です。 いや~長年オタクやってると、こういう秀作に巡りあえる。 しみじみと嬉しい。 監督、制作、俳優に感謝の気持ちでいっぱいです。 映画作品ですが題名どおり、雑誌をパラパラめくっているよう。 どのシーンを切り取っても完璧な構図と色彩。 そしてピッタリの音楽。 なんだかよく分からない長台詞を聞きながら、ゴダール作品を観ているように錯覚した所も。 ふわふわと言い表せない、幸せな気分。 そして私を熱狂させたのが、アレクサンドル・デスプラさんの音楽。 不安にさせつつも耳から離れないピアノの旋律。 とても気に入りました。 不安な音響と覚えやすい旋律を両立させるとは! エンドロールの最後まで聞き入りました。 配信で今、聞きながらレビューを打っています。 ここ数年で一番の映画音楽になりそうです。 雑誌を読み直すように、本作をチラチラ見ながら家事するのにも使えそう。 嬉しい作品がひとつ増えました。

  • tya********

    3.0

    好くも悪くもフランス映画

    どうも私とフランス映画は相性がわるいみたいです。あらすじとポスターで面白そうと思い、見に行ったのですが・・・う~ん、各お話しはおしゃれでウイットがきいていて、楽しめるのですが。せっかく映画でやるんだから、一貫した話しが見たいんですよ。オムニバスですね、これは。夕方から雨の予報がでていたので、途中で退出しようかと思いましたが、なんとか最後まで見ました。最後はアニメになって、面白かったです。

  • mai********

    3.0

    雑誌の紹介と終焉

    ちょっとコミカルに… いや、だいぶコミカルに 編集者個人個人の個性とともに雑誌が掲載している記事を紹介していって… その内容も 編集者も 一癖も二癖もあって 実にユニークなもの。 それを妙なテンションで描く、本当に独特な作品。 なんていうか………表現する言葉を見つけられないので ぜひとも体感してほしい。 はまるも八卦、はまらないのも八卦です。 2022年2月19日シネマテークたかさきで鑑賞

  • cha********

    4.0

    おもちゃ箱をひっくり返したような ・・・

    グランド・ブダペスト・ホテル(2014、以下"前作"という)が素晴らしかったので、ウェス・アンダーソン監督のこの映画も観に行った。 前作同様、出演者は豪華で、主演級の俳優がチョイ役で出ていたりする。エイドリアン・ブロディやティルダ・スウィントンを含め、10人ほどは前作にも出演していた。 さて、映画の印象は ・・・ 、オムニバス映画ということもあり、まとまりがない。4話それぞれをとっても、起承転結がはっきりしない点もある。前作における「東欧の某国の盛衰と、それに影を落とすファシズム」のような、骨太のテーマがないのは残念だった。 とはいえ、芝居の書き割りのようなセットも含め、それなりに面白い。「おもちゃ箱をひっくり返したような」映画かな、と思った。万人向けとは言えないが。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

原題
THE FRENCH DISPATCH/THE FRENCH DISPATCH OF THE LIBERTY, KANSAS EVENING SUN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル