2021年10月22日公開

ビルド・ア・ガール

HOW TO BUILD A GIRL

R15+1052021年10月22日公開
ビルド・ア・ガール
3.4

/ 52

12%
27%
52%
8%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1993年、家族7人でロンドン郊外に住む16歳のジョアンナ(ビーニー・フェルドスタイン)は、想像力豊かで文才に恵まれていた。しかし学校では才能を認められることもなく、悶々とした日々を送っていた彼女は、音楽情報誌「D&ME」のライターに応募する。一人でロンドンに出て行ったジョアンナは仕事を得るものの、取材で出会ったロックスターのジョン(アルフィー・アレン)に夢中になってしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(11件)

かわいい15.2%楽しい15.2%コミカル10.9%かっこいい8.7%切ない8.7%

  • lud********

    2.0

    評価は高いようだけど

    自分には合わなかったようです。 面白いと思えなかった。 途中で終了でした。

  • 小さき僕

    3.0

    イギリスのユーモア

    期待以上に面白かった 主人公、綺麗な顔立ちなんだから、もう少し体重落としてから撮影した方良かったのでは?

  • MOON

    4.0

    おまけの★4

    夢見る夢子ちゃんの気持ちがわかりすぎてしまうなァ。 この歳の頃は特にそうだった。 好きなバンドを追いかけたい、絶対いつかは金髪のイギリス人と結婚するんだって、あり得ない夢を見ていたけど楽しかった! でもこの映画は実話ベース。 あり得ないくらいすごいよね! 憧れのジョンが大人で、しかも人間的にも素晴らしい人でよかった。 (ロリコンじゃないし…) それにしても、イギリスの女の子ってませてるんだね〜びっくり。

  • 一人旅

    4.0

    青春はスクラップ&ビルド

    コーキー・ギェドロイツ監督作。 英国のコラムニスト:キャトリン・モランによる2014年発表の自伝的小説「How to Build a Girl」を、原作者のモラン自らが脚色、コーキー・ギェドロイツ監督が映像化した青春コメディの佳作で、文才のある少女の奮闘と成長を90年代カルチャーに乗せて描きます。 1990年代、英国の地方都市で家族と暮らしている16歳の女子高生のヒロイン:ジョアンナはぽっちゃり体型で空想癖のある冴えない少女だが、ある日天性の文才を活かしてロック専門誌のライターとして採用され、一躍気鋭の評論家として人気を集めていくが、やがて評論家としての評価を得るために大好きな音楽を意図的にこき下ろすという自身の評論スタイルに嫌気が差してきて―という青春コメディです。 大家族で育った労働者階級のヒロインの奮闘と成長を、90年代色満載の音楽カルチャーに乗せて軽快に活写した“青春応援ムービー”で、一度の失敗で人生を簡単に諦めるのではなく、“失敗したらまた最初からやり直してみる”を根気強く繰り返す心持ちが大切であることを気取らずコミカルに教えてくれますし、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(19)でガリ勉女子を好演したビーニー・フェルドスタインが恋に夢に家族に揺れる英国女子をエネルギッシュに快演しています。

  • kin********

    2.0

    ネタバレヘンテコ好きなら

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ビルド・ア・ガール

原題
HOW TO BUILD A GIRL

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日

ジャンル