2021年11月26日公開

ダーク・アンド・ウィケッド

THE DARK AND THE WICKED

PG12952021年11月26日公開
ダーク・アンド・ウィケッド
3.7

/ 54

17%
52%
22%
4%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

農場を営むテキサスの実家から離れ、別々に暮らすルイーズ(マリン・アイルランド)とマイケル(マイケル・アボット・Jr)の姉弟。病身の父親の状態が良くないと聞かされた彼らは、長らく帰っていなかった実家を訪れる。最期を迎えようとする父親を見守っていた母親は、二人の姿を目にするや「来るなと言ったのに」と突き放したような態度を取り、その晩首をつって死ぬ。そのことをきっかけに、姉弟に恐ろしい出来事が次々と降り掛かる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(17件)

不気味23.6%絶望的23.6%恐怖21.8%悲しい7.3%不思議7.3%

  • ムラサキ

    4.0

    ネタバレ陰鬱な雰囲気とBGM

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    オチを考え付けなかったのかな

    場所はほぼ農場と家だけ。 介護の父親と一緒に暮らす母とルイーズ。 そして兄のマイケルもやってきて家族で暮らしているが、母が異常な状態になり、その後も不可思議な現象が次々起こる。 家の中にいる人物が異常をきたすというホラー。 どうやら死んだ人間が問題を起こしているらしいが、その原因は一切不明。 とにかく暗いシーンばかりで、たまに突然驚かす音という怖がらせ方が多い。 とはいえシャマランの「ハプニング」のように原因をぼやかして最後まで行くので、これはオチを考えられなかったのだろうかと思う。 まあホラーの雰囲気としては悪くないので、明確な理由付けさえあればもっと面白くなったはずな作品。

  • 1048

    3.0

    非常に良くできたホラー作品

    個人的には こんな感じ嫌いじゃない 最後まで正体を表さないのもいい ホラーだからこそ 楽しめる作風と展開だった。

  • mnk********

    3.0

    撮影と不穏な空気感は評価。

    『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』の監督さんなので、 もっと分かりやすいショック映画かと思いきや、これは 観客を選ぶ不条理ホラー。 雰囲気や撮影は成功。 ただ、二度と観ないし、記憶にも残らない。 と思う。

  • ホラーに甘く、邦画に厳しく!

    4.0

    低予算の割に上質なホラー

    個人的には求めていた理想の内容です。 一番怖いものは何か?それは「分からない」事です。 かつて「ブレア·ウィッチ·プロジェクト」というヒットした作品がありました。その作品ではPOVという手法がウケたのもありますが、相手が正体不明という謎が不気味さを一層高めました。 敵がゾンビ、吸血鬼、動物等分かっているなら対処法があります。 今回の邪悪な「何か」は姿が見えません。人のカタチをする事は出来るみたいです。 お婆ちゃんの「来るなと言ったのに」というセリフ。 ↓ お婆ちゃんはもう手遅れという事を理解していた ↓ おそらく訪ねてきた娘、息子さえも「それ」に見えたのでしょう。 影を使った恐怖演出や、音を使った不気味さ。よくホラーのツボを抑えていると思います。 いろいろ考察するのも面白い不気味系ホラーです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ダーク・アンド・ウィケッド

原題
THE DARK AND THE WICKED

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル