レビュー一覧に戻る
ダーク・アンド・ウィケッド
2021年11月26日公開

ダーク・アンド・ウィケッド

THE DARK AND THE WICKED

PG12952021年11月26日公開

Dr.Hawk

4.0

ネタバレ姉弟が何の幻覚を見たかがヒントなのかも

2021.11.30 字幕 T・JOY京都 2021年のアメリカ映画(95分、PG12) 臨終間近の父を見舞いに来た姉弟が得体のしれない現象に巻き込まれていくホラー映画 監督&脚本はブライアン・ベルティノ 物語はテキサス州グランベリーの片田舎にあるストライカー牧場に、そこの一人娘ルイーズ(マリン・アイルランド)が戻る様子が描かれて始まる その牧場は父デビッド(マイケル・ザグスト)が経営していたが、病に伏した今は母バージニア(ジェリー・オリバー・タッチストーン)が牧夫チャーリー(トム・ノウィッキ)の助けを借りて続けていた ルイーズよりも前に弟マイケル(マイケル・アボット・Jr)は到着していたが、母は到着を喜ばずに「来るなと言ったのに」と小言をいうばかりだった 彼らが到着したのは月曜の朝、マイケルは家庭もあり、金曜には帰るつもりだとルイーズに言う ルイーズは父の容体と母の衰弱を感じていて、彼らを手助けしなければと思っていた その夜、朝食の仕込みで深夜に起きた母は、キッチンでニンジンを切りながら、自分の指をも切り落としてしまう そして、それらをさらにみじん切りにした後、何かに導かれるように屋外へと消えていった 翌朝、キッチンの惨状を目の当たりにした二人が母を探すと、畜舎の中で首を吊っているところを見つけてしまう 引き下ろすものの助かることもなく、二人はそのまま牧場で父の面倒を見ざるを得なくなったのである 物語は「Wicked」と呼ばれる邪悪な何かによって、幻覚を見たり、物理的な自傷を行ったりする様子を描いていく そして、母の日記を発見してから、そのおかしな現象はエスカレートしていくのである この家に関わった者が徐々に死んでいき、それらは悪魔の仕業のように思えてくる この映画は「邪悪なもの」の正体を明かさないタイプの映画で、怪奇現象のカラクリには一切ふれない それゆえに消化不良感は残るのだが、実際には明確な恐怖の正体というものが描かれていた そのヒントになるのが、ルイーズとマイケルは幻覚を同時に見ないというもので、ルイーズが見るのは父だけで、マイケルが見るのは母だけという点である そして、母に見えていたものは二人には見えないし、ソーン神父(サンダー・バークレイ)や看護師(リン・アンドリュース)が見ているものも二人にはわからない この物語では「子ども二人がそれぞれ異性の親の幻覚を見る」ということになっていて、それらは「彼らが恐怖に思っていること」とリンクしているように思えた 二人は実家とは別々のところで暮らしていて、結婚しているマイケルはまだしも、独身のルイーズは家を手伝ってもよさそうなものである だが、彼らは十数年もの間、そこに帰っておらず、その原因の一つに「それぞれが親に対して何らかの感情を有している」と推測されるのである 恐怖というのは「原因が何かわからないものを怖がる」という意味ではなく、対象が定まっている時に使われる言葉である 逆に対象がわからない状態で何かを怖がるというのは「不安」という言葉で示される これを考えると、得体のしれないものあるいは幻覚というものは、彼らの恐怖が映像化されたものと言える ルイーズが母の幻覚を見ず、マイケルは父の幻覚を見ないので、それぞれには「幻覚を見ない理由」が存在する また、決定的なのが「マイケルの家族の死を幻覚で見る」というもので、あの時点でのマイケルは実家を逃げ出して帰ってきていて、彼が最も恐れるのが「命である家族の喪失」だった それゆえ、マイケルは精神的に異常をきたしながら、最も恐れる物を見ることによって自ら命を断つという行為に出たのではないだろうか 母が何を恐れていたかは日記に書かれていて、それは夫が死んで一人になることだった 魂を奪われることを最も恐れているのだが、この現象に呼応するのがマイケルのセリフ「死んでいるのと変わらない」というものである 母が自傷行為に至り、自殺したのはこの言葉の後であり、母が恐れていたのは「子どもたちの中から自分たちの存在が消えて死んでしまうこと」だったとも言えるのではないだろうか 母が見ていたものとは「孤独に死ぬ」という恐怖であり、父の死後に一人にはなりたくないがために「悪魔」という存在を脳内で作り出したのではないかと個人的には解釈をしている いずれにせよ、ショッキングな映像が満載なので、心臓の弱い人はやめておいた方が良い案件である だが心臓が強い人でも「明確な恐怖」に追い込まれる映画が好きな人にとっては、正体不明のまま映画が終わるのでモヤモヤしてしまうかもしれない 家という閉鎖空間から出られない母が一人になりたくなくて呼び出したものが棲みついているとも思えるので、怖いイマジナリーフレンドと仲良くできそうにない人もスルーした方が良いかもしれません

閲覧数1,145